学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

新井市立水原小学校・新井市立水原中学校

■学校データ

創立:1876年

・第二十八番小学針校附属大濁校として開校。

1880年に第十中学区第十四番小学針校附属大濁校と改称。

・1892年に中頸城郡村立大濁尋常小学校と改称。

・1916年に高等科を併置し、水原村立水原尋常高等小学校と改称。

・1941年に水原村立水原国民学校と改称。

・1947年に水原村立水原小学校と改称。水原村立水原中学校を併置。

・1964年に市町村合併により、新井市立水原小学校、新井市立水原中学校と改称。

・1976年に新井市立水原中学校が閉校。

閉校:2004年

コメント:

閉校後の活用は分からないが、体育館も校舎も残されている。驚いたことに裏手の上ったところにあるグラウンドはそこまで荒れずにしっかりと草刈りがされていた。地元で使っているのかなぁと思っていたらどうやら緊急用のヘリポートとして使われているようだ。グラウンドとその近くにあるプール跡を見比べるとその管理の丁寧さが一目瞭然である。

なお、年度は不明だが、併置していた水原中学校は独立した校舎を持ち、プールがあったところに校舎を建てていたようだ。つまりプールは中学校閉校後に作られたということだ。これは1976年の空中写真で判明している。また、1976年の空中写真を見ると小学校校舎も建設中のように見える。

グラウンドと中学校跡地およびプールへは小学校近くの道から登っていくのだが、この途中に門柱が建っている。残念ながら一部欠損しているが、おそらく中学校の校名が書かれたプレートがはめられていたと思われる。残っている部分も「水原」としか判明できない。

小学校校庭に建てられている閉校記念碑は逆三角形の変わった形をしたものだ。それを支える2つの岩に小学校への思いと、開校年と閉校年が刻まれている。

130年の歴史を持つ小学校の記録となる現校舎はいったいいつまで残るのだろうか。

f:id:abolished-school:20191114212550j:plain

続きを読む

新井市立上馬場小学校

■学校データ

創立:1874年

・第二十七番小学吉木校附属馬場校として開校。

1880年に第十中学区第十三番小学吉木校附属馬場校と改称。

・1889年に尋常科上馬場小学校と改称。

・1892年に中頸城郡村立上馬場尋常小学校と改称。

・1913年に高等科を併置し、泉村立上馬場尋常高等小学校と改称。

・1941年に泉村立上馬場国民学校と改称。

・1947年に泉村立上馬場小学校と改称。

・1954年に町村合併により、新井市立上馬場小学校と改称。

閉校:1998年

コメント:

学校はすべて解体され、残されているのは門柱のそこに行くための階段である。が、管理はされていないため、上るための道は荒れ果てていて近づくことが容易ではない。そもそも草木が最も生い茂った盛りの難儀な時期に伺ったのでそれはそれは容易ではない。(大事なことなので2回言いました)

ただ、すぐ近くに墓場へ上る道があるためそこから学校跡地を上から眺めることができた。しかしその斜面も草木に覆われはっきりとした輪郭を見ることはできなかった。どうもプール跡地は残っているっぽい雰囲気はある。奥に少し見えるコンクリートっぽいものがそれか?

墓に行く手前校舎前に続くと思われる道があるのだが、これも途中で草むらに覆われているため侵入不可能。

ちなみに、上馬場小学校にはかつて高等科が併置されていたため、学制改革の際に中学校ができていたと思われる。それに該当するは「泉村立泉中学校」になる。しかしこの学校がどこにあったかは調べても出てこない。

もとより1956年に新井市立新井南中学校として統廃合されているので、古い地図を見てもなかなか場所は把握できない。(泉中学校校舎は1959年に新校舎建設の際に南校舎として移築された)

中学校校舎が併置されていたという記録もないため、引き続き調べてみる。

f:id:abolished-school:20191110003933j:plain

続きを読む

新井市立平丸小学校寸分道冬季分校・新井市立新井南中学校寸分道分校

■学校データ

創立:調査中

・1947年に平丸村立平丸小学校寸分道分校と改称。平丸村立平丸中学校寸分道分校を併置。

・1954年に市町村合併により、新井市立平丸小学校寸分道分校、新井市立平丸中学校寸分道分校と改称。

・1969年に新井市立平丸中学校閉校により、新井市立南中学校寸分道分校と改称。

・1970年に新井市立新井南中学校寸分道分校が閉校。

閉校:1981年

コメント:

平丸小学校がある集落からさらに奥にある、山のてっぺんともいえる場所にある集落にある分校だが、その集落に行く道がとてつもなく過酷だった。

とはいえ、本来?は下平丸集落から登っていくのだろうが、今回は探索ルートの関係で水原小学校探索後に向かったため、途中までは快適な農道が続いていたのだが、途中から1車線分くらいしかない道を左右に揺れながら走っていったが、「本当にこの先に集落があるのか?」と不安になるほどだった。集落が見えてきたとこはものすごく安心した。

さて肝心の学校だが、今でも建物は残っていて、閉校記念碑のようなものはないが校名が入った看板も掛けられているままだった。

手前はアスファルト舗装されているが、たぶんグラウンドだったのだろう。避難所などに使われているようなので、駐車場として敷いたのではないか。

ちなみにこの分校にはプールがないものだと思い込んでいたが、後のちGoogleMAPで調べたところ、この分校からさらに山に進んだ方に四角い池のようなものを見つけた。あ、これプールじゃないか・・・?ちくしょう、もっとしっかりとGoogleMAPを見ておくべきだった。

学校自体はどちらかというと集会所のような形をしているが、構造がよくわからない。多分1階が屋内運動場、2階が教室となっているのではないか。空中写真などを見ても体育館があったようには見えない。もしくは離れたどこかにあったか。とにかく新井市史などを調べても詳しい情報が引っかからないのである。

誰か詳しい情報を知っていたら教えてほしい。

f:id:abolished-school:20191104101303j:plain

続きを読む

新井市立平丸小学校・新井市立平丸中学校

■学校データ

創立:1874年

・第二十七番小学吉木校附属平丸校として開校。

1880年に第十中学区第十三番小学吉木校附属平丸校と改称。

・1889年に尋常科下平丸小学校と改称。

・1892年に中頸城郡村立下平丸尋常小学校と改称。

・1904年に高等科を併置し、平丸村立平丸尋常高等小学校と改称。

・1941年に平丸村立平丸国民学校と改称。

・1947年に平丸村立平丸小学校と改称。平丸村立平丸中学校を併置。

・1954年に町村合併により、新井市立平丸小学校、新井市立平丸中学校と改称。

・1969年に新井市立平丸中学校が閉校。

・1981年に新井市立平丸小学校寸分道冬季分校を統合。

閉校:2005年

コメント:

体育館は避難所として残されているようだが、校舎は校舎で何かしらに使われているのか、玄関前にブルーシートが置いてあったりしている。

玄関近くに閉校記念碑が建立されていて、正面には校歌が書かれたプレートが埋め込まれている。その左下に沿革が刻まれた石碑も置いてある。

ちなみに玄関近くに軽トラックが止めてあったが、最初は学校で何か作業をしている人がいるのだろうかと思っていた。しかし学校内にひと気がなかったので、ただ単に駐車場代わりに止めていただけだろうか。

体育館と正面の道路の間には背の高い壁が建っているが、これは体育館の屋根から落ちた雪を道路に落とさないための防雪柵である。そうみると学校と道路がいかに近いか、土地に限りがあるかがうかがえる。

グラウンドは道路を挟んだ反対側にあり、草に覆われている。手前にはコンクリートの何かの構造物があるが、調べると過去の卒業生の記念作品で、滑り台のような遊具になっているそうだ。そのグラウンドの奥隅にプールがあったそうだが、さすがに草に埋もれすぎて近づくことはできなかった。

f:id:abolished-school:20191028210904j:plain

続きを読む

新井市立上郷中学校

■学校データ

創立:1947年

・上郷村立猿橋小学校と上郷村立長沢小学校にそれぞれ併置して開校。

・1950年に独立校舎が完成。各校の併置を廃止。

・1954年に町村合併により、新井市立上郷中学校と改称。

・1956年に校区の一部が新井市立新井南中学校に移管。

閉校:1970年

コメント:

この学校に関しては前情報がなく、場所の特定が非常に困難だった。しかし、過去の学校の写真や歴史的背景から場所を何とか絞り、思い当たる節の所に行ってみたのが2018年10月。この時は学校があったことを証拠とするものは何も見つからなかった。

1年後、たまたま通りかかるタイミングがあり、「今回こそ見つけてやる」と意気込んでいってみたところ、国道からの入り口坂の斜め右上に、門柱らしきコンクリートが建っているではないか!何か書かれているのか、又は張り付けられているのかまでは把握できなかったが、もうこれは証拠であるといっても過言ではなかろう。

おそらく、ネット上では初めて上郷中学校跡地を掲載したのではないだろうか。

ちなみに歴史的背景というのは、上郷村が戦後に中学校建設をする際、建設場所が旧猿橋村と旧長沢村とで揉めにもめ、(または予算の都合もあり)中学校は各小学校に併置して開校したという歴史がある。その後、各村の間をとって建設されたのが上郷中学校だったのだ。なので各集落の間にあるんだろうなーという認識ではあったが、山という山と蛇行した川に挟まれたところのどこに学校が建てられようか?とずっと疑問に思っていたのだ。まあ最終的には「新井南中学校」の閉校記念のページからヒントを得たわけだが。(あとはこの入り口のところにバス停があるのも不思議に思っていた。周りに民家は全くない)

さて、学校の跡地は個人か法人かはわからないが、農作業用地として使われているようだ。大量のもみ殻と大きな倉庫があるが、この倉庫は閉校後に建てられたもののようで、学校とは関係ないと思われる。

もみ殻が置かれているところはかつてのグラウンドで、その奥の一段高くなったところに学校があったようだ。

閉校記念碑も見当たらず、草も長く伸びているためあまり深く探索することはできなかった。1回目と2回目とも、10月という草が伸びきって枯れ始めるという最悪のタイミングで来たわけで、どうも間が悪い。1回目は妙高市すべての学校を回ったわけだから仕方がないが・・・。

f:id:abolished-school:20191023222902j:plain

続きを読む