学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

十日町市立名ヶ山小学校・十日町市立吉田中学校名ヶ山分校

■学校データ

創立:1874年

・新町新田校附属鉢校として開校。

・1883年に公立山谷校附属名ヶ山校と改称。

・1887年に簡易科高島校名ヶ山分場と改称。

・1889年に簡易科真田小学校名ヶ山分場と改称。

・1892年に真田村立名ヶ山尋常小学校と改称。

・1899年に中平雪中派出場を設置。

・1902年に町村合併により吉田村立名ヶ山尋常小学校と改称。

・1941年に吉田村立名ヶ山国民学校と改称。

・1947年に吉田村立名ヶ山小学校と改称。吉田村立吉田中学校名ヶ山分校を併置。

・1954年に市町村合併により十日町市立名ヶ山小学校と改称。

・1976年に火災により中学校校舎全焼。

・1977年に中学校校舎落成。

・1981年に十日町市立吉田中学校名ヶ山分校が閉校。

・1983年に新校舎・体育館落成。

閉校:2001年

コメント:

閉校後は「大地の芸術祭」で作品展示場として数回利用されている。現在は閉館中。

正面玄関には派手な色の羽目板があるが、これも作品の名残。

グラウンドが妙に狭いと思ったら、別の場所にもう一つグラウンドがあるようだ。

校舎がピンク色の壁面と白い壁面と分かれているが、かつては校舎の一部が名ヶ山中学校だった・・・と思ったが、何故か資料が見当たらない。現在調査中。

【2017/04/24追記】

調べた結果、中学校は存在していた。

正確には、吉田中学校名ヶ山分校が1981年まで併設されていた。やはりピンクの建物が分校跡で、隣の白い建物が1983年に完成している。つまり、小学校校舎より中学校校舎の方が先にできていたということだ。

f:id:abolished-school:20170325103627j:plain

f:id:abolished-school:20170325104011j:plain

f:id:abolished-school:20170325104012j:plain

f:id:abolished-school:20170325104014j:plain

f:id:abolished-school:20170325104016j:plain

f:id:abolished-school:20170325104017j:plain

f:id:abolished-school:20170325104019j:plain

 


廃墟ランキング