学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

津南町立田所小学校

■学校データ

創立:1876年

・組合立秋成校田代分場として開校。

・1956年に津南町十日町市(当時は中里村)との境界変更。(津南町田代→中里村田代)

閉校:1986年

津南町側の児童は津南原小学校へ、中里村側の児童は倉俣小学校へ通学することに。

コメント:

十日町市田代(旧中里村)、津南町所平地区が校域だったため、それぞれ集落名を使って「田所」という名前が付けられたそうだ。

隣同士の町村にまたがっているが、もともとは校域すべてが津南町だったが、1956年に田代集落が中里村へと移管したため、そこにいる児童は田所小学校へ委託した形となった。

所平集落の上側に大場集落というところがあり、そこには田所小学校大場分校が存在し、同時期に閉校している(現在調査中)。

田代集落と所平集落の間を流れる釜川沿いに校舎があったが、今は形はなく、並行記念碑だけが残されている。跡地は田んぼに転用(というかもとに戻った?)されたようだ。

閉校記念碑には「組合立秋成校田代分場」として開校したと書いてあるが、中里村広報誌には「中深見校田代分場」と書いてある。どちらが正しいのだろうか。

f:id:abolished-school:20171022091517j:plain

 

f:id:abolished-school:20171022091530j:plain

f:id:abolished-school:20171022091535j:plain

 


廃墟ランキング