学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

津南町立津南原小学校

■学校データ

創立:1909年

・倉俣村立倉俣尋常小学校雑水山雪途派出分校として開校。

・1951年に下船渡小学校米原分校となる。

・昭和40年代に下船渡小学校米原分校から津南原分校と改称。

・1971年に下船渡小学校津南原分校が独立し、津南町立津南原小学校となる。

閉校:2010年

コメント:

田んぼが広がる地帯にぽつんと残る校舎。

門柱はあるが閉校記念碑は見当たらず、詳細な歴史も調べても引っかからなかった。門柱の下に門柱の建設年が書いてあったため、逆算して分校として開校した年度を割り出した。

なお、調べた資料によって書いてあることがあやふやで、『妻有新聞』という地元紙の電子データでは「米原分校から独立」と書いてあったのだが、そもそもこの学校がある地区が米原という集落なので、「米原分校『が』独立」と考えた方が自然だろう。

また、津南町の過去の統計資料を見ると、昭和40年代に津南原分校と改称しているようだが、これも新聞データでは米原分校のままの記載だったので、今回は統計資料に合わせた。

玄関外には消防などで使われていたのであろう大八車やソリといった道具が置いてあった。もしかしたら現在はこういう民具の保管庫にしているのかもしれない。

1988年に現在の校舎が新築されたようで、比較的新しい方だ。デザインもなかなか凝っている。

f:id:abolished-school:20171028203522j:plain

 

f:id:abolished-school:20171028211626j:plain

f:id:abolished-school:20171028211631j:plain

f:id:abolished-school:20171028211634j:plain

f:id:abolished-school:20171028211639j:plain

f:id:abolished-school:20171028211645j:plain

f:id:abolished-school:20171028211649j:plain

f:id:abolished-school:20171028211653j:plain

f:id:abolished-school:20171028211657j:plain

 


廃墟ランキング