学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

安塚町立行野小学校

■学校データ

創立:1874年

・第5中学区第41番小学区行野校として開校。

・1892年に行野村立行野尋常小学校と改称。

・1901年に町村合併により小黒村立行野尋常小学校と改称。

・1908年に学校の統廃合により、和田尋常高等小学校行野分教場となる。

・1913年に小黒村立行野尋常小学校と改称。

・1941年に行野国民学校と改称。

・1947年に小黒村立行野小学校と改称。

・1955年に町村合併により安塚町立行野小学校と改称。

閉校:1971年

コメント:

現在は校舎跡こそ残っていないが、敷地内には日本唯一の聾唖村長である横尾義智氏の記念館が設立されている。記念館の建物自体は横尾氏生家の旧年貢倉庫を利用しているようだ。学校があった土地も横尾氏のものだったようで、他にも旧小黒村内に最初の保育園も設立したそうだ。なお、この記念館は通常開館しておらず、5月から11月の間、申し込みがあれば開館するそうだ。

この校舎がいつ頃解体されたかは不明だが、1994年の空中写真ではまだ校舎は残っているように見える。現在は植林が行われ、公園として整備されているようだ。校舎と体育館は正面写真から見て右手側にあったようだが、その跡はまるで残っていない。

学校入り口には二宮金次郎像があり、学校があったことを伺える。

f:id:abolished-school:20180217093848j:plain

f:id:abolished-school:20180217093916j:plain

f:id:abolished-school:20180217093859j:plain

f:id:abolished-school:20180217094018j:plain

f:id:abolished-school:20180217094021j:plain

 


廃墟ランキング