学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

相川町立外海府中学校

■学校データ

創立:1947年

・外海府村立外海府小学校に併置して開校。

・1949年に独立校舎へ移転。

・1956年に町村合併により相川町立外海府中学校と改称。

閉校:1983年

コメント:

佐渡遠征その32。

校舎跡地には「相川外海府活性化センター」という建物が建っている。いわゆる公民館的な建物である。

1976年の空中写真を見ると、位置的には今の活性化センターがあるところが校舎で、その左側に体育館棟があるように見える。だが1992年の空中写真では更地になっていたので、この建物は全くの新規のようだ。

入り口に閉校記念碑が建立されているが、なぜか正面だけしか写真を撮らなかった。確か裏には何も刻まれていなかったと記憶している。なんで撮らなかったんだろう・・・。

センターの後ろは空き地が広がっていて、そこはグラウンド跡ということがうかがえる。

f:id:abolished-school:20190223234746j:plain

f:id:abolished-school:20190223235428j:plain

f:id:abolished-school:20190223235433j:plain

f:id:abolished-school:20190223235436j:plain

 


廃墟ランキング