学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

佐渡市立深浦小学校・小木町立深浦中学校

■学校データ

創立:1892年

・宿根木村立宿根木尋常小学校犬神平派出分教場として開校。

・1908年に各分教場を廃止し、宿根木小学校深浦分校が開校。

・1912年に宿根木尋常小学校から独立し、小木町立深浦尋常小学校が開校。岡之平分教場と沢崎分教場を設置。

・1941年に小木町立深浦国民学校と改称。

・1947年に小木町立深浦小学校と改称。小木町立小木中学校深浦分校を併置。

・1952年に岡之平分教場が立野分教場と改称。

・1956年に新校舎落成。

・1973年に小木町立小木中学校深浦分校が独立し、小木町立深浦中学校と改称。

・1979年に小木町立深浦小学校沢崎分校が閉校。

・1985年に小木町立深浦小学校立野分校が閉校。

・2003年に併設していた小木町立深浦中学校が閉校。

・2004年に市町村合併により佐渡市立深浦小学校と改称。

・2005年に体育館落成。

閉校:2011年

コメント:

佐渡遠征その51。

現在この施設は佐渡島の太鼓楽団「鼓童」の訓練所として使われている。撮影に伺った日もちょうど練習している途中だったので、邪魔にならないよう深く入り込んで撮影することを避けた。

本当は木造の立派な校舎があるのだが、休憩中だったりしてじろじろ見られるのが嫌だし不審者扱いされそうなので我慢した。

正面の真新しい建物が小学校体育館で、そこから左手側に伸びるのが小学校校舎、続いて中学校校舎となっていたようだ。 当初はこの小学校と中学校の間に玄関があったようだが、中学校閉校と体育館の竣工に合わせて玄関が変わったようだ。

閉校記念碑は中学校と小学校と両方並んでいる。黒い碑が校歌などが刻まれた記念碑で、ピンク色のものは校名だけが刻まれた碑となっている。小学校の校碑が「小木町立」となっているので、中学校閉校まで使われていたものなのだろう。

まったく同じ色合いとデザインなので、サムネイルだけで見ると「なんで同じものを二つ添付しているんだ?」と思われそう。

f:id:abolished-school:20190612203744j:plain

f:id:abolished-school:20190612203652j:plain

f:id:abolished-school:20190612203657j:plain

f:id:abolished-school:20190612203659j:plain

f:id:abolished-school:20190612203703j:plain

f:id:abolished-school:20190612203706j:plain

f:id:abolished-school:20190612203710j:plain

 


廃墟ランキング