学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

柿崎町立正直小学校

■学校データ

創立:1869年

・前身である郷学校の馬正面校が開校。

・1874年に馬正面校が第四中学区第二十一番小学区潟町校附属馬正面校と改称。第四中学区第二十一番小学区潟町校附属直海浜校が開校。

1880年に第十中学区第二十一番小学区上下浜校附属直海浜校、第十中学区第二十一番小学区上下浜校附属馬正面校とそれぞれ改称。

・1885年に第四十八小学区公立直海浜小学校、第四十八小学区公立馬正面小学校とそれぞれ改称。

・1887年に中頸城郡公立尋常科直海浜小学校、中頸城郡公立尋常科馬正面小学校とそれぞれ改称。

・1889年に犀浜村立直海浜尋常小学校、下黒川村立馬正面尋常小学校とそれぞれ改称。

・1901年に町村合併と学校の統廃合により、犀浜村立直海浜尋常小学校と下黒川村立馬正面尋常小学校が統合し、柿崎村立正直尋常小学校が開校。

・1934年に町制施行により柿崎町立正直尋常小学校と改称。

・1941年に柿崎町立正直国民学校と改称。

・1947年に柿崎町立正直小学校と改称。

閉校:1977年

コメント:

正直者が多いようにも見える学校名だが、実際は「馬正面」と「直海浜」というそれぞれの集落名から取られた名前のようだ。

学校のある場所は直海浜と呼ばれる集落ではあるが、グラウンドの一部が馬正面集落にかかっているので、二つの集落のちょうど中間に建てられたことがよくわかる。統廃合したのが1901年なのでさすがに旧校舎がどこにあったかはわからない。

学校は統合されたものだが、前身となる学校が学制発布前の私塾だったことから、この地域は教育に力を入れいてたか、熱意のある指導者がいたようだ。

校舎自体は取り壊されていて、現在地には「柿崎体育館」が建てられている。学校の一部かと思ったが、校舎は現在駐車場となっているあたり(国道8号沿い)にあったようなので、解体した後に作られたもののようだ。

跡地には閉校記念碑だけが残っていて、それ以外に学校のものと思われるものは残っていない。が、体育館の観覧席と思われる付近の窓を見てみると、いかにも学校の備品と思われる椅子が見えた。今も使われているのだろうか。

f:id:abolished-school:20190816212825j:plain

f:id:abolished-school:20190816212828j:plain

f:id:abolished-school:20190816212831j:plain

f:id:abolished-school:20190816212837j:plain

f:id:abolished-school:20190816212841j:plain

f:id:abolished-school:20190816212845j:plain

 


廃墟ランキング