学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

妙高高原町立妙高北小学校赤倉分校

■学校データ

創立:1877年

・第五中学区第八番小学関山校附属二俣校一本木新田冬季派出場として開校。

・1947年に名香山村立妙高小学校赤倉分校と改称。通年授業を開始。

・1954年に新校舎落成。温泉付きの学校となる。

・1955年に村名変更により、妙高高原村立妙高北小学校赤倉分校と改称。

・1956年に町村合併により妙高高原町妙高北小学校赤倉分校と改称。

閉校:1983年

コメント:

温泉付きの学校という、当時としては珍しい・・・いや今でも他に例を見ない学校だと思われる。

校舎はすでに解体され、跡地には何も残っていない。探し出すのにとても苦労したが、現地の人の証言などにより、場所を特定した。

閉校記念碑や何か証拠とあるものが残っていればと思ったが、この学校があった場所は現在スキー場のゲレンデの一部となっている。すぐ近くにリフト乗り場があったからびっくりした。

リフトはさすがに閉校後に敷設されたと思われるが、温泉あり、すぐ近くにスキー場ありと、スキーリゾート近くの学校というのはスケールが違うなぁと改めて感じた。

伺ったこの日はガスが発生していたあまりいい写真ではなかったし、そもそも学校跡地とわかるような痕跡がほとんどないため、写真は1枚しか撮っていない。

それだけではさみしいので、今回は国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」の1976年の地図を引用してみた。中央に映っている建物が在りし日の赤倉分校となる。

f:id:abolished-school:20191001224055j:plain

f:id:abolished-school:20191001224826j:plain

(出典:国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」CCB766-C14-2※加工済み)

 


廃墟ランキング