学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

村上市立塩野町小学校

■学校データ

創立:1873年

・猿沢小学校大須戸分教場として開校。

・1883年に組合立塩野町小学校として独立、改称。

1888年に組合立を解消、高等科を併置して塩野町村立塩野町尋常高等小学校と改称。

・1907年に大須尋常小学校と統合し、塩野町村立塩野町尋常高等小学校が開校。荒沢集落に荒沢冬季派出所を設置。

・1929年に蒲萄尋常小学校廃止に伴い、塩野町村立塩野町尋常高等小学校蒲萄分教場を設置。

・1941年に塩野町村立塩野町国民学校と改称。

・1947年に塩野町村立塩野町小学校と改称。塩野町村立塩野町中学校を併置。

・1952年に塩野町村立塩野町小学校蒲萄分教場が独立。

・1954年に町村合併により朝日村立塩野町小学校、朝日村立塩野町中学校と改称。

・1962年に朝日村立塩野町中学校が独立校舎へ移転。

・1983年に荒沢冬季分校が閉校。

・1993年に朝日村立蒲萄小学校と統合。

・2008年に市町村合併により村上市立塩野町小学校と改称。

閉校:2019年

コメント:

前回の三面小学校と同じく、閉校したての学校となる。校舎もグラウンドもきれいだ。

ちなみにグラウンドで子ども達が遊んでいたため、今回はあまり近寄って撮影することができなかった。こんなところで変な通報をされたくないですよね。

手前に閉校記念碑があり、開校年と閉校年、そして校歌が刻まれている。開校は明治40年、つまり1907年である。自分が調べた沿革と異なるが、大須尋常小学校と統合したとき(1町村に1小学校)を開校年としているようだ。令和2年時点でまだ同校のホームページは生きているので、そこで沿革が確認できる。

目の前には国道7号が走っているため、非常に交通量が多い。子ども達がここに通うのは結構気を使っただろう。ほかの学校に統合された今はスクールバスで通っているのだろうか。

割と校舎が新しいように見えるが、現校舎は1983年に竣工されたようなので、今年で37年目。意外と年季あるなぁと思っていたが、どうやら2011年に大規模な改修が行われたらしい。どうりできれいに見えたわけだ。

f:id:abolished-school:20200317214705j:plain

f:id:abolished-school:20200317214708j:plain

f:id:abolished-school:20200317214711j:plain

f:id:abolished-school:20200317214715j:plain

f:id:abolished-school:20200317214720j:plain

f:id:abolished-school:20200317214723j:plain

f:id:abolished-school:20200317214726j:plain

 


廃墟ランキング