学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

村上市立吉浦小学校

■学校データ

創立:1874年

・公立瀬波校吉浦分校として開校。

1880年に独立し、公立吉浦小学校と改称。

・1883年に吉浦小学校を早川校と吉浦校と二分。

1886年に早川校と吉浦校を統合し、公立吉浦校が開校。

・1887年に簡易科吉浦小学校と改称。

・1892年に吉浦尋常小学校と改称。

1903年に吉浦尋常小学校馬下冬季派出所を設置。

1924年に高等科を併置し、上海府村立吉浦尋常高等小学校と改称。

・1941年に上海府村立吉浦国民学校と改称。

・1947年に上海府村立吉浦小学校と改称。上海府村立上海府中学校吉浦校舎を併置。

・1948年に上海府村立上海府中学校の独立校舎竣工により、併置を解除。

・1954年に町村合併により、村上市立吉浦小学校と改称。

・1969年に馬下冬季分校を廃止。

閉校:1995年

コメント:

現在は体育館だけが残されていて、校舎は解体されている。校舎跡地にはグループホームが新しく建てられている。またグラウンド跡地には子育て支援センター(旧保育園)があり、その目の前には上海府エリア唯一の郵便局があったりと、いろいろ施設が密集している。

体育館隅には「吉浦小学校跡」と書かれた石碑と、沿革と校歌が刻まれた閉校記念碑が残されている。大正15年から平成7年までの歴史がごっそりなくなっているが、その間に中学校が併置されたり冬季分校が廃止になったりとしている。

吉浦小学校閉校後は前回紹介した野潟小学校と統合し、上海府小学校が開校している。(上海府小学校もわずか24年で閉校してしまったが)

f:id:abolished-school:20200414215544j:plain

f:id:abolished-school:20200414215549j:plain

f:id:abolished-school:20200414215554j:plain

f:id:abolished-school:20200414215558j:plain

f:id:abolished-school:20200414215604j:plain

f:id:abolished-school:20200414215608j:plain

 


廃墟ランキング