学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

栃尾市立栗山沢小学校

■学校データ

創立:1871年

・栗山沢村の個人宅に私塾が開校。

・1876年に第三中学区第十三番小学区来伝校附属栗山沢校と改称。

・1900年に入東谷村立栗山沢尋常小学校と改称。

・1941年に入東谷村立栗山沢国民学校と改称。

・1944年に高等科を併置。

・1947年に入東谷村立栗山沢小学校と改称。

・1955年に市町村合併により、栃尾市立栗山沢小学校と改称。

・1966年に新校舎竣工。

閉校:1997年

コメント:

ピンク色の縁取りが珍しい校舎である。まるで分校のような小さな学校だが、1階部分が体育館で、2階と3階が教室になっているそうだ。また、栃尾市になってから初めての鉄筋コンクリート製の校舎だということも分かった。

閉校時の全児童は8名。卒業生は総勢800余名とのこと。そんな校舎もどうやら今年度(2020年度)で解体されてしまう模様。栗山沢集落の人口がかなり減り、公民館や集会所のような機能としても使われていないようなので、解体されてしまうのも必然か。

国民学校時代に高等科が併置されていたようだが、6・3制になれば普通、中学校も併置したり作られたりするはずなのだが、それに関する資料は見当たらなかった。(中学生はおそらく入東谷中学校に通学していたと思われる)

竣工から54年。ピンク色の校舎が見られるのも残りわずかである。

ちなみに集落自体はかなり廃れてきているようだが、集落は栃尾から魚沼市へ抜ける国道沿いでもあり、「栗山沢のしだれ桜」という立派な名所があるようで、観光客は多い模様。

f:id:abolished-school:20200622224531j:plain

f:id:abolished-school:20200622224611j:plain

f:id:abolished-school:20200622224615j:plain

f:id:abolished-school:20200622224618j:plain

f:id:abolished-school:20200622224622j:plain

f:id:abolished-school:20200622224627j:plain

f:id:abolished-school:20200622224631j:plain

f:id:abolished-school:20200622224635j:plain

f:id:abolished-school:20200622224638j:plain

f:id:abolished-school:20200622224642j:plain

f:id:abolished-school:20200622231054j:plain

(1975年の空中写真。中央部分が校舎。※出典:国土地理院

 


廃墟ランキング