学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

黒川村立胎内中学校・新潟県立中条高等学校黒川分校

■学校データ

創立:1948年

新潟県立中条農業高等学校定時制黒川分校として開校。

・1949年に本校に普通科を設置し、新潟県立中条高等学校定時制黒川分校と改称。

・1952年に黒川村立黒川中学校鼓岡校舎、大長谷校舎が統合し、黒川村立胎内中学校が開校。中条高等学校定時制黒川分校が胎内中学校に移転。

・1963年に黒川村立胎内中学校隣に中条高等学校定時制黒川分校新校舎竣工。

閉校:1979年

中学校、高校分校跡地は某ふとん工場が入り、現在も稼働している。最初に胎内中学校跡を買収し、その9年後に高校黒川分校跡を買収したという経緯があるらしい。

工場の一部は当時の学校そのものの形を維持しているらしく、木製の部分がおそらく学校だったところなのだろう。割と形が残っているようだ。奥には鉄筋コンクリート製の真新しい建物(本社らしい)がある。

休日ではあったが工場が絶賛稼働中だったため、さすがに敷地内に入るわけにはいかず、近くの道路から外観だけを撮影した。閉校後すぐに買収されたようなので、閉校記念碑などは多分作られていないと思われる。

f:id:abolished-school:20200827222141j:plain

f:id:abolished-school:20200827231757j:plain

(1975年の空中写真。中央にあるグレーの建物が中学校、その隣にある水色の建物が黒川分校。出典:国土地理院

 


廃墟ランキング