学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

能生町立藤崎小学校

■学校データ

創立:1874年

・公立第十六番小学能生校藤崎第一分校として開校。

・1890年に本校から独立し、川崎校と改称。

・1907年に磯部村立藤崎尋常小学校と改称。

・1941年に磯部村立藤崎国民学校と改称。

・1947年に磯部村立藤崎小学校と改称。

・1954年に町村合併により能生町立藤崎小学校と改称。

閉校:1969年

コメント:

学校があったところには保育園があり、玄関先には二宮金次郎氏が建っていた。建物は配置からしておそらく当時のままと思われる。

ちなみのこの保育園は2020年3月末で閉園したが、撮影しているときはまだ現役だったため、全体の写真撮影は控えた。

その保育園の隣には広々とした空き地があり、かつてのグラウンドではあるが今は草がぼうぼうと生えている。実際は駐車場として使われているようで、隅には臨海学校の駐車場を示す看板が建てられていた。なぜか写真には撮っていないが。この駐車場の隅に石碑が建っているが、残念ながら閉校記念碑ではなかった。

2014年のGoogleストリートビュー及びGoogleマップにはこの駐車場のある場所に「能生町就労センター」という共同作業施設が建っているが、2019年の調査時には何も残っていなかった。

保育園閉園後、この建物と二宮氏はどうなるのだろうか。

f:id:abolished-school:20200910215655j:plain

f:id:abolished-school:20200910215728j:plain

f:id:abolished-school:20200910215731j:plain

f:id:abolished-school:20200910215736j:plain

f:id:abolished-school:20200910221952j:plain

(1976年の空中写真。中央にあるのが藤崎小学校。学校の南側にある盛土のような跡は北陸本線の旧線跡。出典:国土地理院

 


廃墟ランキング