学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

糸魚川市立上根知小学校

■学校データ

創立:1883年

・西頚城郡第十一番小学上野山校附属山口校として開校。

・1885年に本校から独立し、山口校となる。

1888年に尋常科山口小学校と改称。

・1889年に尋常科上根知小学校と改称。

・1892年に西頸城郡村立上根知尋常小学校と改称。

・1912年に高等科を併置し、根知村立上根知尋常高等小学校と改称。

・1915年に大久保、上沢、梶山に瀬中派出所を設置。

・1925年に大久保雪中派出所を廃止し、児童を長野県小谷村戸土へ委託。

・1941年に根知村立上根知国民学校と改称。

・1947年に根知村立上根知小学校と改称。

・1954年に町村合併により糸魚川市立上根知小学校と改称。

・1958年に大久保冬季分校設置。

閉校:1973年

コメント:

小学校跡地には地区唯一の保育園が建っている。というかその後ろにはスキー場のゲレンデが広がっている。

まさかのゲレンデすぐ下にあった学校だったとは・・・と思ったが、後ろのスキー場は1980年に開業しているので、学校が現役の時はスキー場がなかったわけだ。

校舎があったところに新しく保育園が建てられているわけだが、体育館は残っている。現在は地元の建築会社の本社か資材倉庫として使われている模様。なので近くで撮るのは遠慮した。

ちなみにこの日はこのスキー場で音楽イベントが行われていて、遠方から来たと思われる人がわらわらといた。そんな中、体育館跡や閉校記念碑などを撮影してる自分は異常な存在に見えただろう。もっとじっくり見たかったが、近所の方も出てきていたため、早々に退散した。

いや、別に不法侵入とかしているわけじゃないんだけど、場所が場所(保育園付近)なので余計探索しにくい。年配の方がいれば話も聞けたんだろうけど、よりによって若いグループたちによる音楽イベントだったので、さらに聞き取りのハードルが上がる。

・・・まあしょうがないよね。こういう時もあるさ。

f:id:abolished-school:20201001230306j:plain

f:id:abolished-school:20201001230322j:plain

f:id:abolished-school:20201001230325j:plain

f:id:abolished-school:20201001230329j:plain

f:id:abolished-school:20201001233009j:plain

(1976年の空中写真。中央にあるのが上根知小学校。閉校から3年経ち、すでに校舎が解体されている。出典:国土地理院

 


廃墟ランキング