学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

小国町立武石小学校

■学校データ

創立:1873年

・公立金沢小学校附属武石校として開校。

・1889年に簡易科武石校と改称。

・1891年に武石尋常小学校と改称。

・1937年に高等科を併置し、武石村立武石尋常高等小学校と改称。

・1941年に武石村立武石国民学校と改称。

・1947年に武石村立武石小学校と改称。

・1948年に町村合併により小国村立武石小学校と改称。

・1956年に町村合併により小国町立武石小学校と改称。

閉校: 1962年

コメント:

学校があった場所には公民館が建てられている。その玄関近くに二宮金次郎氏の石像がたたずんでいる。二宮氏の像がある土台には何やら俳句が刻まれている。「道すがら智慧乃木乃実を〇〇〇〇〇」とある。最後の5音が読み取れない。

敷地内には国旗掲揚塔跡と思われるコンクリート製構造物があったが、その塔を固定するための穴と思われるところにアマガエルがお休みしていた。おじゃましました。

学校の遺構となるものは以上であるが、公民館の玄関に不思議な看板が建てられている。名前も何も書かれていないが、この地域で何か命がけで貢献したものがあったのだろうか。

f:id:abolished-school:20210209221418j:plain

f:id:abolished-school:20210209221421j:plain

f:id:abolished-school:20210209221425j:plain

f:id:abolished-school:20210209221428j:plain

f:id:abolished-school:20210209224059j:plain

(1976年の空中写真。閉校から14年後であり、学校のある場所が特定しづらい。一応中央にフォーカスしている。出典:国土地理院

f:id:abolished-school:20210209224102j:plain

(1963年の空中写真。中央に武石小学校がある。閉校から1年後だが、学校の位置関係がはっきりとわかる。出典:国土地理院

 


廃墟ランキング