学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

糸魚川市立上早川小学校湯川内分校

■学校データ

創立:1903年

・上早川村立上早川尋常高等小学校湯川内分場として開校。

・1941年に上早川村立上早川国民学校湯川内分場と改称。

・1947年に上早川村立上早川小学校湯川内分校と改称。

・1954年に町村合併により糸魚川市立上早川小学校湯川内分校と改称。

閉校:1990年

コメント:

跡地は更地になっているが、閉校記念碑が残されている。その閉校記念碑の隣には何かの石碑があったが、なぜか写真を撮り忘れた。招魂碑だったかなぁ・・・。

偶然にも湯川内分校の閉校記念誌を見つけたので調べてみると、1階に屋内運動場と教務室、保健室、給食室があり、2階に複式学級が2つと図書室及び音楽室があったようだ。詳細な配置図が記されていたのでとても助かる。

出来れば校舎が現存している時を見たかった・・・。

f:id:abolished-school:20201026225303j:plain

続きを読む

糸魚川市立上早川中学校

■学校データ

創立:1947年

・上早川村立上早川中学校として上早川町立上早川小学校に併置して開校。

・1949年に独立校舎竣工。

・1954年に町村合併により糸魚川市立上早川中学校と改称。

閉校:1994年

コメント:

前回紹介した上早川小学校の敷地内に建てられていたが、残念ながら建物は残っていない。しかし、跡地には立派な閉校記念碑と効果が刻まれた石碑が建てられている。

実は小学校入り口の門柱も、片方が中学校の名前が残されている。中学校閉校後もこのままだったのだろうか。ここまで残しておくのも珍しい気がする。

中学校跡地はちょっとした公園のようになっているが、校舎が建てられていたであろう場所は木々に覆われ若干あれている。記念碑周りはきちんと草刈りがされているのだが・・・あれ、小学校も閉校してしばらく経つが、中学校跡地もきちんと管理されている?きっと地元の人たちが学び舎を思ってきれいにしているのだろう。

(古い空中写真は前回と同じ場所なので掲載しません)

f:id:abolished-school:20201023232448j:plain

続きを読む

糸魚川市立上早川小学校

■学校データ

創立:1874年

・前身となる第十九番小学宮平校猿倉分校が開校。

1881年に猿倉分校が第五番小学宮平校附属猿倉校と改称。

・1887年に西頚城郡尋常科宮平校が猿倉分場と改称。

・1902年に上早川村立猿倉分場、上早川村立東山尋常小学校(出自不明)が合併し、上早川村立音坂尋常小学校が開校。

1903年に高等科を併置して上早川村立上早川尋常高等小学校と改称。湯川内分場が開校。

・1915年に上早川村立上早川尋常高等小学校土倉雪中派出場が開校。

・1941年に上早川村立上早川国民学校と改称。

・1947年に上早川村立上早川小学校と改称。上早川村立上早川中学校を併置。

・1949年に上早川村立上早川中学校の独立校舎が竣工し、移転。

・1954年に町村合併により糸魚川市立上早川小学校と改称。

・1990年に糸魚川市立西山小学校、糸魚川市立上早川小学校湯川内分校を統合。

閉校:2016年

コメント:

大きな小学校であるが、1階と2階が教室で3階部分が体育館という構造になっている。

敷地内に中学校跡地もあるのだが、写真枚数がとても多くなるので別々に記事にすることにした。

閉校記念碑は校歌が表に刻まれていて、その近くに岩を組んだ庭園のような校庭がある。岩の一部にコンクリートの土台のようなものが見えたので、以前はここに二宮金次郎氏が鎮座していたのかもしれない。

グラウンドも非常に広く、かつてはそちら側に木造の校舎があったようだ。中学校校舎も横並びであったためこのような広い土地だったのかもしれない。

ちなみに2020年現在は避難所として使われているようだが、糸魚川市は跡地を活用する企業やらを募集しているようだ。

f:id:abolished-school:20201020222808j:plain

続きを読む

糸魚川市立今井小学校菅沼分校

■学校データ

創立:1906年

・村立今井小学校菅沼分教場として開校。

・1941年に今井村立今井国民学校菅沼分教場と改称。

・1947年に今井村立今井小学校菅沼分校と改称。

・1954年に市町村合併により糸魚川市立今井小学校菅沼分校と改称。

・1955年に新校舎竣工。

閉校:1974年

コメント:

割と有名な廃校。ようやくたどり着いた。

というのも菅沼集落は廃村で、農作業のために通う人しかいないため、そもそものアクセス路があまりよくなく、民家(倉庫)も少ないため、場所を特定するのに苦労した。

道はぬかるみかけた土道路だったたため、全面それだったら撤退も考えないとマズいなと思っていましたが、偶然にも途中から集落に向かう道が法面工事か治山工事のために工事業者が砂利を敷いて乗り入れしやすくなっていたため、そこまで苦労せずたどり着けた。ホントラッキー

集落は廃村になったが、ところどころ倉庫代わりと思われる民家が残っている中、分校だけはきちんときれいに残されているのが感慨深い。しかも割と手入れされている。

校庭部分はきちんとした庭として花も植えられ、壁には網がかけられ、緑のカーテンのような形になっている。どうも定期的に管理されているようだ。

外壁のトタンからして、現役時はもう少し校舎が長かったと思われる。

f:id:abolished-school:20201017222615j:plain

続きを読む

糸魚川市立今井小学校

■学校データ

創立:1875年

・第五中学区第二十四番上野山校附属中村校として開校。

・1882年に独立し、第十一中学区第十三小学西中村校と改称。

1888年に尋常科今井小学校と改称。

・1892年に村立今井小学校と改称。

1906年に村立今井小学校菅沼分教場が開校。

・1941年に今井村立今井国民学校と改称。

・1947年に今井村立今井小学校と改称。

・1954年に町村合併により糸魚川市立今井小学校と改称。

閉校:2013年

コメント:

閉校したばかりの小学校だが、すぐに職業訓練校として再利用されることになった。そして2020年にはテレワークオフィスも入居することになった。比較的新しい鉄筋コンクリート製の校舎はこういう使い方があるから生き残れる。

というわけである意味現役で使われている校舎なので、ささっと撮影して次に向かうことにした。(と言って14枚くらい撮っている)

ちなみに廃校が割と最近だったため、沿革については新しいものはなかなか情報がなかった。統合先に糸魚川小学校のHPにも特に記載がないので1941年以降は想定する情報となる。(もしかしたら中学校とかも併置してたかも)

というか姫川を渡った先に大野小学校があるのに、なぜわざわざ遠い糸魚川小学校と統合したのだろうか。

f:id:abolished-school:20201014001108j:plain



続きを読む