学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

妙高村立豊葦小学校・妙高村立豊葦中学校

 ■学校データ

創立:1874年

・第十大学区第五中学区第二十六番小学附属公立樽本校として開校。

1880年に第十中学区第十二番小学区公立樽本校と改称。

・1889年に土路分教場を設置。

・1897年に単級豊葦校と改称。

・1900年に中頸城郡村立豊葦尋常小学校と改称。

1903年に土路分教場が村立土路尋常小学校として独立。

1924年に高等科を設置し、豊葦村豊葦尋常高等小学校と改称。

・1941年に豊葦村立豊葦国民学校と改称。

・1947年に豊葦村立豊葦小学校と改称。豊葦村立豊葦中学校が開校し、豊葦小学校に併設。豊葦村立豊葦中学校土路分校を土路小学校に併設。

・1955年に町村合併により、妙高村立豊葦小学校、妙高村立豊葦中学校と改称。

・1966年に豊葦中学校土路分校が閉校。学区の生徒は東妙高中学校へ通学。

閉校:1990年

コメント:

校舎は残っていないが、立派な閉校記念碑が残されている。跡地には携帯電話の基地局が建てられている。

妙高村とはいえ、豊葦小中学校がある樽本集落は斑尾高原の一部ではあるので旧妙高村の中心地からはかなり離れている。

古い地図を見ると周りにかなり民家が多かったように見られるが、現在はぽつぽつと家が点在している。小中学校が現役のころはかなりの世帯数があったのだろう。

学校がいつごろ解体されたかは不明だが、GoogleMAPでは「豊葦小・中学校記念碑」としてスポットが登録されているところを見ると、割と注目されている廃校跡ということがうかがえる。

f:id:abolished-school:20190913225357j:plain

続きを読む

妙高村立原通小学校・妙高村立原通中学校

■学校データ

創立:1873年

・前身となる第八大学区第五中学区第七番小学美守校附属大原校が開校。

・1874年に前身となる第八大学区第五中学区第七小学美守校附属東四ツ屋新田校が開校。

1880年に、東四ツ屋新田校が中頸城郡第十番小学区美守校附属葎生校と改称。

1881年に大原校附属窪田校が開校。

・1882年に大原校附属大塚校が開校。

・1887年に大原校、窪田校、大塚校が統合し、公立坂下尋常小学校が開校。葎生校に姫川原尋常小学校の分校を設置。

・1889年に原通村立坂下尋常小学校と改称。

・1890年に葎生校が独立し、原通村立葎生尋常小学校と改称。

1903年に組合立原通高等小学校が開校。

・1908年に組合立原通高等小学校を廃止し、原通村立原通尋常高等小学校が開校。

・1910年に原通村立原通尋高等小学校と合併し、葎生尋常小学校は原通村立原通第一尋常高等小学校へ、坂下尋常小学校は原通村立原通第二尋常小学校と改称。

・1933年に原通第一尋常高等小学校上中村新田雪中派出教場を設置。

・1941年に原通第一尋常高等小学校が原通村立東四ツ屋国民学校、原通第二尋常小学校が原通村立坂下国民学校と改称。

・1947年に東四ツ屋国民学校が原通村立東四ツ屋小学校、原通第二尋常小学校が原通村立坂下小学校と改称。原通村立原通中学校が開校し、東四ツ屋小学校に南校舎、坂下小学校に北校舎を併置。

・1948年に原通中学校が校舎新築移転。(現在の原通小学校跡地)

・1955年に町村合併のため、妙高村立東四ツ屋小学校、妙高村立坂下小学校、妙高村立原通中学校と改称。原通中学校に大鹿中学校を併置。

・1956年に原通中学校が閉校。東四ツ屋小学校と坂下小学校が統合し、妙高村立原通小学校が原通中学校跡地(現在地)に開校。

閉校:2005年

コメント:

いろいろと経緯が複雑な学校だが、実は建物自体はまだ健在である。しかし、現在は特別養護老人ホームなどの施設に利用されている。そのため写真撮影はなるべく施設が映らないように配慮して行った。

学校があった場所はもともと中学校だったとのことだが、中学校の閉校記念碑は見当たらなかった。(原通中学校は統合により別の場所へ移転している)

二宮金次郎像など学校によくある建立物も残っている。ほかにも石碑がいくつかあったが、あまりじろじろ見ていると不審者になりそうなので写真だけさっさと撮ってその場を後にした。

f:id:abolished-school:20190907132129j:plain

続きを読む

妙高村立桶海小学校

■学校データ

創立:1875年

・第十大学区第五中学区第二十六番小学附属公立桶海校として開校。

・1879年に中頸城郡第十二番小学附属公立桶海校と改称。

1888年に町村合併により、境村尋常小学校と改称。

・1902年に分村により、関山村立関山尋常高等小学校桶海分教場と改称。

・1941年に関山村立関山国民学校桶海分教場と改称。

・1947年に関山村立関山小学校桶海分教場と改称。

・1949年に独立し、関山村立桶海小学校と改称。

・1955年に町村合併により、妙高村立桶海小学校と改称。

閉校:2000年

コメント:

妙高市内の某リゾート施設がある集落にあった学校。と、伏せても学校名でだいたいバレバレなんだろうけど・・・。ちなみに某リゾート施設は1988年に開業し、2005年に某企業が事業を引き継ぎ2014年にリニューアルオープンしている。

学校はすでに解体されていて、跡地には集会所が建てられている。空中写真をみると、集会所があるあたりは体育館だったようだ。

また、入り口には学校名が書かれたプレートが埋め込まれたままの門柱が残っている。その門柱の近くに閉校記念碑が建立されている。

記念碑には「明治35年」からの歴史が刻まれているが、自分で調べた中ではその前から存在していたことが分かっている。村立になる以前は省かれているようだ。

グラウンド側には学校ではおなじみのタイヤ跳び箱があり、校舎側にはぐるぐる回るアレの柱だけが残っている。

f:id:abolished-school:20190902230045j:plain

続きを読む

妙高村立大鹿小学校・妙高村立大鹿中学校

■学校データ

創立:1874年

・第十大学区第五中学区第二十六番小学公立大鹿校として開校。

・1879年に中頸城郡第十二番小学区公立大鹿校と改称。

1880年に第十中学区第十二番小学区公立大鹿校と改称。

・1885年に中頸城郡第十五小学区大鹿小学校と改称。附属校から独立。

・1887年に村立大鹿尋常小学校と改称。

1903年に高等科を設置し、大鹿村立大鹿尋常高等小学校と改称。

・1907年に高等科を廃止し、大鹿村立大鹿尋常小学校と改称。

1924年にふたたび高等科を設置し大鹿村立大鹿尋常高等小学校と改称。

・1927年に芋生雪中派出教場を廃止。(設置年度不明)

・1941年に大鹿村立大鹿国民学校と改称。

・1947年に大鹿村立大鹿小学校と改称。大鹿村立大鹿中学校を併置。

・1955年に町村合併により、妙高村立大鹿小学校、妙高村立大鹿中学校と改称。大鹿中学校が妙高村立原通中学校に併置。

・1956年に大鹿中学校と妙高村立原通中学校が統合し、東妙高中学校となり独立。

・1966年に妙高村立土路小学校と統合。

閉校:2005年

コメント:

学校そのものはなくなっているが、跡地は公園のように整備されている。門柱や二宮金次郎像、閉校記念碑などアイテムはそろっている。

解体前は立派な木造校舎が建っていたそうだ。門柱から入ったすぐのところはグラウンドで、校舎はその奥の一段上がったところにあったようだ。

グラウンドはおそらく当時のままに近いが、校舎の跡地には「希望」と台座に彫られた二人の子供の石像や、歌(詩?)が書かれた石碑などがあり、地域の憩いの場のようにも見える。草もきちんと刈られているところをみると、愛されている土地のようだ。

調べてみると、閉校後は校舎を体験学習や宿泊施設にしたりする案もあったようだが、結局のところ意見がまとまらず、2010年ごろに解体されてしまったらしい。

f:id:abolished-school:20190829211544j:plain

続きを読む

新潟県立安塚高等学校牧分校

■学校データ

創立:1948年

新潟県立安塚農業高等学校定時制牧分校として開校。

・1949年に本校が普通科を設置し、新潟県立安塚高等学校定時制牧分校と改称。

・1970年に全日制課程普通科に移行し、新潟県立安塚高等学校牧分校と改称。

閉校:1994年

コメント:

大きな体育館だけが残っていて、校舎があったあたりは集合団地となっている。道路沿いに閉校記念碑が建立されている。体育館は「牧第2体育館」として活用されているようだ。

撮影後に自宅で調べたところ、残念ながら団地の奥に当時の門柱が残っていたらしく、逃してしまった。チャンスがあれば追加写真を撮影してこよう。

 

f:id:abolished-school:20190824213744j:plain

続きを読む