学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

津南町立中津小学校

■学校データ

創立:1874年

・組合存立秋成校として開校。

・1875年に本校を中深見船山に移し、中深見校と改称。

1878年に秋成本村に校舎を新築、秋成校を復称。

・1892年に村立中深見尋常小学校、村立秋成尋常小学校が独立して発足。

・1947年に六三制の新学制が実施され、それぞれ秋成村立秋成小学校、中深見村存立中深見小学校と改称。

・1955年に町村合併により津南町立中津小学校となる。

・1998年に中津小学校大赤沢分校が開校する。

閉校:2015年

コメント:

非常にきれいな校舎だ。車が一台止まっているが、どうやら何かの活動拠点として利用されているらしい。

閉校したばかりということもあってか、グラウンドも草刈りがされていて、地域のイベントなどでも使われているのであろう。

グラウンド側に閉校記念碑があり、その奥にプール跡がある。プールはなんと8コースもある。かなり生徒数が多かったようだ。(プールは1967年に完成している)

校舎奥の山側に傾斜があり、そこが校内スキー場だったようだ。

閉校記念碑を見ると、1994年10月に中津峡小学校統合記念式典が開催されているようだが、中津峡小学校の記録を見ると1992年に閉校している。「広報つなん」を見ると、統合は1993年となっている。統合後に記念式典を開催しているのか?

細かい資料が手元にないため不明だが、町村合併前に秋成小学校と中深見小学校があったが、こちらが「中深見小学校」ということになるのだろうか。(秋成小学校はそのまま秋成小学校として発足したのだろう)

f:id:abolished-school:20171119194337j:plain

続きを読む

津南町立中津峡小学校・津南町立中津中学校結東分校

■学校データ

創立:1884年

・民家にて開校。

・1892年に、極僻地のため、義務教育免除地に指定される。

・1932年に現在地に校舎が建設される。

・1935年に義務教育免除地の指定を解除される。

・1955年に町村合併により津南町立秋成小学校結東分校と中津中学校結東分校となる。

・1973年に秋成小学校から独立、津南町中津峡小学校となる。

・1986年に休校となる。

閉校:1992年

・中津中学校結東分校は1966年に閉校。

コメント:

複雑な経緯を持った学校だが、秋山郷の入口部分に近いところだけあって、かなりの山間にある。

ちなみに義務教育免除地とは、あまりの僻地により教育を施すことが困難な土地に対して取られる措置で、教育の恩恵が受けられないということだ。1892年に指定されてからは、私設小学校として集落が運営、地域の有識者を先生として立て、学校教育関係の費用はすべて集落が負担していたとのこと。

地域住民も村の議員や県に義務教育免除地の解除を求め嘆願書を提出し続け、秋山郷への道路が開通するとようやく解除されたようだ。

校舎は閉校した翌年に、「かたくりの宿」という宿泊施設に生まれ変わり、今もなお校舎は生き続けている。

 グラウンドの隅に門柱と「明日を目指して」と書かれたモニュメントがある。この「明日を目指して」は義務教育免除地指定解除30周年を記念して作られたもので、児童が河原で拾った石を埋め込んでいるそうだ。写真は撮れなかったが、モニュメントの裏に「西暦2001年秋分の日に集うことを誓う」と刻まれていて、実際にその日、学校の卒業生や関係者が約100名集まったとのこと。

プールにも不思議なオブジェクトがあるが、これは大地の芸術祭の作品のようだ。

f:id:abolished-school:20171113210044j:plain

続きを読む

津南町立秋成小学校

■学校データ

創立:1876年

・中深見小学校見玉分場として開校。

・1929年に私立穴藤小学校が合併。

・1955年に町村合併により津南町立秋成小学校と改称し、独立。

閉校:1980年

コメント:

空中地図では大体の場所を把握していたが入り口が見当たらず、ふと目に入った砂利道を進むと地元の方がいたので訪ねてみたら、ビンゴだった。

跡地に校舎はなく、立派な閉校記念碑が建立されている。開けた場所で、未だに広い土地が残っている。車で侵入した道とは違う入り口に門柱も立っていた。また、その近くの草むらに何かの碑が立っていたが、草がすごすぎて近づけなかった。おそらく閉校記念碑に書かれていた、創立30周年記念の石碑だろう。

もともと分校だった秋成小は独立前から幾つかの分教場や分校があったようだが、記念碑の歴史を見ると、「見玉雪中派出場」「小松原分教場」「見太田校」「横根分校」「結東分校」「大赤沢分校」があったようだ。一部はいつ閉校したかはわからない。

f:id:abolished-school:20171106103824j:plain

続きを読む

津南町立津南原小学校

■学校データ

創立:1909年

・倉俣村立倉俣尋常小学校雑水山雪途派出分校として開校。

・1951年に下船渡小学校米原分校となる。

・昭和40年代に下船渡小学校米原分校から津南原分校と改称。

・1971年に下船渡小学校津南原分校が独立し、津南町立津南原小学校となる。

閉校:2010年

コメント:

田んぼが広がる地帯にぽつんと残る校舎。

門柱はあるが閉校記念碑は見当たらず、詳細な歴史も調べても引っかからなかった。門柱の下に門柱の建設年が書いてあったため、逆算して分校として開校した年度を割り出した。

なお、調べた資料によって書いてあることがあやふやで、『妻有新聞』という地元紙の電子データでは「米原分校から独立」と書いてあったのだが、そもそもこの学校がある地区が米原という集落なので、「米原分校『が』独立」と考えた方が自然だろう。

また、津南町の過去の統計資料を見ると、昭和40年代に津南原分校と改称しているようだが、これも新聞データでは米原分校のままの記載だったので、今回は統計資料に合わせた。

玄関外には消防などで使われていたのであろう大八車やソリといった道具が置いてあった。もしかしたら現在はこういう民具の保管庫にしているのかもしれない。

1988年に現在の校舎が新築されたようで、比較的新しい方だ。デザインもなかなか凝っている。

f:id:abolished-school:20171028203522j:plain

続きを読む

津南町立田所小学校

■学校データ

創立:1876年

・組合立秋成校田代分場として開校。

・1956年に津南町十日町市(当時は中里村)との境界変更。(津南町田代→中里村田代)

閉校:1986年

津南町側の児童は津南原小学校へ、中里村側の児童は倉俣小学校へ通学することに。

コメント:

十日町市田代(旧中里村)、津南町所平地区が校域だったため、それぞれ集落名を使って「田所」という名前が付けられたそうだ。

隣同士の町村にまたがっているが、もともとは校域すべてが津南町だったが、1956年に田代集落が中里村へと移管したため、そこにいる児童は田所小学校へ委託した形となった。

所平集落の上側に大場集落というところがあり、そこには田所小学校大場分校が存在し、同時期に閉校している(現在調査中)。

田代集落と所平集落の間を流れる釜川沿いに校舎があったが、今は形はなく、並行記念碑だけが残されている。跡地は田んぼに転用(というかもとに戻った?)されたようだ。

閉校記念碑には「組合立秋成校田代分場」として開校したと書いてあるが、中里村広報誌には「中深見校田代分場」と書いてある。どちらが正しいのだろうか。

f:id:abolished-school:20171022091517j:plain

続きを読む