学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

大和町立辻又小学校・大和町立後山中学校辻又分校

■学校データ

創立:1902年

薮神村立薮神尋常高等小学校辻又第一分教場として開校。

・1941年に薮神村立薮神国民学校辻又第一分教場と改称。

・1947年に薮神村立薮神小学校辻又第一分教場と改称。(この頃から中学校があったか?)

・1951年に本校から独立し、薮神村立辻又小学校、薮神村立後山中学校辻又分校が開校。

・1956年に町村合併により大和町立辻又小学校、大和町立後山中学校辻又分校と改称。

・1968年に大和町立後山中学校辻又分校が閉校。

閉校:-

コメント:

木造の体育館とその一部が今でも残っている。

調べきれていないので閉校年度がわからないが、体育館から校舎まですべてが木造なので、かなり年季が入っていると思われる。1964年の空中写真を見ると、その時から学校の配置は変わっていないので、少なくとも50年以上は経っているようだ。

道路側に体育館があり、その奥が教室棟となっているようだ。校舎棟は閉校後に半分近くが解体されたようで、一見すると木造住宅に大型の作業小屋がくっついているようにも見える。サッシやらエアコンの室外機がついているところを見ると、教室棟は集会場のように整備し直されていると思われる。(調べると「辻又多目的センター」という名称が引っかかった)

過疎化した集落だが、近年大学のゼミなどがやってきて集落活性を目的としたさまざまな活動が行われているようで、運動会などもここのグラウンドで開催されているようだ。おそらく小学生以下の子どもはいないであろう集落で、大学生たちがいろいろと活動して盛り上げようとしている姿は、集落にとっては輝かしい存在なのだと思う。

f:id:abolished-school:20200120205426j:plain

続きを読む

六日町立欠之上小学校

■学校データ

創立:1910年

・六日町立余川尋常小学校が移転により六日町立欠之上尋常小学校と改名し開校。

・1923年に六日町立六日町尋常高等小学校と統合し、六日町立六日町尋常高等小学校第二部校と改称。

・1937年に独立し、六日町立欠之上尋常小学校と改称。

・1941年に六日町立欠之上国民学校と改称。

・1947年に六日町立欠之上小学校と改称。

閉校:1983年

コメント:

学校跡地には「欠之上セミナーハウス」という建物が建てられている。これは廃校後に建てられたものである。そのほかには国旗掲揚塔跡、プール跡、そして閉校記念碑が残されている。

プール跡が埋め立ても解体もなくそのまま残っていたのが不思議である。防火水槽的な役割もあるのだろうか、と思っていたが水は満たされていないし、かといって柵が建てられているわけでもない。というか塗装がそんなに古くないような・・・もしかして今でも使われている?

滑り台やシーソーといった遊び道具も置いてあるので、地域の遊び場として今でも使われているのだろう。

セミナーハウスの向かって右側には意味深なコンクリート製の階段があったが、ここにはかつて体育館があったようだ。セミナーハウスの建立時期がわからないが、2005年の空中写真を見ると、このセミナーハウスと体育館は渡り廊下でつながっていたようだ。2017年の空中写真ではその体育館はなくなっていたので、割と近い時期まで体育館は残っていたようだ。

ちなみに見る地図やデータによって「欠ノ上」だったり「欠之上」だったりと、「の」の漢字が違っているので、どれが正しいのかよくわからない。閉校記念碑や南魚沼市の行政上の表記では「之」であるが、Wikipediaには「ノ(「欠ノ上村」と検索結果が出てくる)」で表記されていたりする。正しい情報をください。

f:id:abolished-school:20200115213222j:plain

続きを読む

小国町立増田小学校

■学校データ

創立:1876年

・第六大学区第四中学区公立第十七番小学原村校として開校。附属太郎丸分校、附属森光校、附属法末校を設置。

・1877年に附属山野田校、附属楢沢校が開校。

1880年に山野田校が原村本校と統合。

1881年に第八中学区第十小学本校原村校、附属太郎丸校、附属森光校、附属楢沢校と改称。山野田雪中派出場、三桶雪中派出場を設置。

・1887年に楢沢校が太郎丸校と統合。

・1890年に原村校は増田村立増田尋常小学校、太郎丸校は結城野村立結城野尋常小学校、森光校は森光村立森光尋常小学校へそれぞれ独立し改称。増田尋常小学校三桶分教室、同小学校山野田分教室を設置。

・1901年に町村合併により上小国村立増田尋常小学校と改称。

・1904年に高等科を併置し、上小国村立増田尋常高等小学校と改称。 

・1927年から中魚沼郡仙田村大字大貝の児童が増田尋常高等小学校へ通学。

・1941年に上小国村立増田国民学校と改称。

・1947年に上小国村立増田小学校と改称。

・1956年に町村合併により、小国町立増田小学校と改称。

閉校:1975年

コメント:

 学校跡地は建設会社の資材置き場となっている。学校の証拠となるようなものはないか探したところ、奥に国旗掲揚塔の土台のようなものが残っていた。それ以外はこれといったものは残っていなかった。

資材置き場のはずだが、なぜか消雪パイプが埋め込まれている。これは学校があった時からのものだろうか?わざわざ会社の資材置き場に消雪パイプを埋め込むとは考えづらいが・・・。

ちなみに増田小学校の分校であった三桶分校と山野田分校は本校閉校後、統合先の小国町立上小国小学校の分校としてしばらく存続していた。

f:id:abolished-school:20200112202156j:plain

続きを読む

小国町立上小国小学校三桶分校

■学校データ

創立:1881年

・第八中学区第十小学本校原村校三桶雪中派出場として開校。

・1890年に増田村立尋常小学校三桶分教室と改称。

・1901年に町村合併により上小国村立増田尋常小学校三桶分校と改称。

・1904年に上小国村立増田尋常高等小学校三桶分校と改称。

・1941年に上小国村立増田国民学校三桶分校と改称。

・1947年に上小国村立増田小学校三桶分校と改称。

・1956年に町村合併により、小国村立増田小学校三桶分校と改称。

・1975年に学校統合により、小国村立上小国小学校三桶分校と改称。

閉校:1978年

コメント:

跡地はすでに更地になっていて、携帯電話の基地局が建てれている。学校があったことを示すようなものは残っておらず、閉校記念碑もない。

草にも覆われているため、普段から何かに使われているという形ではなさそうだが、すぐ近くには田んぼや畑もあり、目の前には集落に通じる道路もあるため、ある程度の生活感は見られる。

空中写真で確認すると、手前側に体育館、向かって左側にL字になるように校舎が奥へ向かって伸び、右側奥がグラウンドというような配置だったようだ。

1984年の空中写真ではまだ建物が残っていたが、1994年には空き地となっていたので、この間に解体されたようだ。

ちなみに閉校直前の学校の写真が、長岡市ホームページにある「広報おぐに 1978年2月15日号」のデジタルアーカイブで見ることができる。

f:id:abolished-school:20200108220602j:plain

続きを読む

松代町立奴奈川中学校

■学校データ

創立:1947年

・奴奈川村立奴奈川中学校として開校。峠分校を奴奈川村立峠小学校に併置。

・1954年に町村合併により松代町立奴奈川中学校と改称。

閉校:1979年

コメント:

校舎は残っているが、現在使用されているかどうかはわからない。正面が本校舎で、向かって右側に体育館、左側に特別棟があったようだ。特別棟は現在も残っていて、今は地元工務店の資材置き場のようになっているようだ。体育館は残っていない。

閉校記念碑のようなものも見当たらず、詳細な沿革は分からない。

正面の広場は元グラウンドで、その端には野菜工場が建てられている。隣の工務店しかり、現在も稼働しているようなので、校舎跡も倉庫などで利用されているのかもしれない。

f:id:abolished-school:20200104105457j:plain

続きを読む