読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

松之山町立東川小学校

■学校データ

創立:1875年

・浦田口分校東川校として開校。

・1884年に隣の中尾集落に新築移転。

・1897年に現在地に改築移転。

・1958年に東川小学校に改称。

閉校:1997年

コメント:

校舎は現在「大地の芸術祭」の作品展示場として使われている。常に見られるというわけではないようだ。

ネットで調べると閉校年度が何故か1988年となっているが、正しくは1997年になる。

作品展示場として使われているだけあって、校庭もグラウンドもきれいにされている。

f:id:abolished-school:20170526214325j:plain

続きを読む

松之山町立松之山小学校黒倉分校

■学校データ

創立:1892年

・浦田村立浦田小学校黒倉分校として開校。

・1957年に浦田小学校から松之山小学校に移管。

閉校:1987年

コメント:

木造の校舎は2012年に解体され、現在は建設会社の資材置き場になっている。

廃校後は「オペラ季節館」という団体が、芸術家の研修所として改装して利用していたそうだが、いつまで使われていたかは不明。

跡地には記念碑が建立されている。

f:id:abolished-school:20170522224842j:plain

続きを読む

津南町立三箇小学校

■学校データ

創立:1890年

閉校:2010年

コメント:

JR越後鹿渡駅に近い場所に立地している。

閉校の校舎は地元の集まりが農業体験施設として利用されているようだ。

近くに東京電力水力発電所があったため、東京電力とのつながりが強かったようで、現在は残っていないが、敷地内に東京電力の社宅があったそうだ。

校歌にも「発電所」の単語が入っていたらしい。

f:id:abolished-school:20170517073806j:plain

続きを読む

松代町立松代小学校菅刈分校

■学校データ

創立:1875年

閉校:1994年

コメント:

すでに校舎の跡は無く、記念碑が建立してあるだけだ。

コンクリートの階段上に校舎があり、その下は校庭とグラウンドになっていたようだ。

記念碑の奥にある基礎はおそらく掲揚旗用のポールがあったと思われる。

学校があった場所は平地なのだが、記念碑奥、手前ともに崖で、山の稜線ギリギリの土地となっている。

f:id:abolished-school:20170503091335j:plain

続きを読む

十日町市立赤倉小学校

■学校データ

創立:1883年

・大池小学校赤倉派出場として開校。

1888年に赤倉分教場へ改称。

・1981年に赤倉分校が独立して赤倉小学校になる。同時期に大池小学校と統合。

閉校:2003年

コメント:

本校から独立し、本校を吸収したという珍しいケースで誕生した学校。

小さな学校であるが、最盛期でも50人ほどの児童数だったようだ。閉校する前の年は全児童が2名にまで減少している。

グラウンドもきちんと管理されているのは、避難所として使われているからだろうか。

f:id:abolished-school:20170429200930j:plain

続きを読む