学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

新井市立矢代中学校

■学校データ

創立:1947年

・矢代村立矢代中学校として矢代小学校に併設して開校。

・1950年に独立校舎へ移転。

・1954年に町村合併により新井市立矢代中学校へ改称。

閉校:1970年

コメント:

矢代小学校跡地に隣接して存在していたが、校舎跡地は保育園が建てられている。さすがに現役の保育園の撮影は気が引けるので、入り口近くにあった門柱だけ撮影しておいた。(ならその奥の老人ホームはいいのか、という話だが)

一段下がったところにある老人ホームの場所にはかつての中学校のグラウンドがあったとのこと。あまりうろうろしたく無かったが、遠巻きに歩いてみた感じ、閉校記念碑のようなものはないと思われる。

f:id:abolished-school:20191207205453j:plain

続きを読む

妙高市立矢代小学校

■学校データ

創立:1874年

・前身となる第九番小学二本木校附属志校が開校。

1880年に第十中学区第十番小学二本木校志村校と改称。

・1889年に尋常科志村小学校と改称。

・1892年に中頸城郡村立志村尋常小学校と改称。

・1907年に矢代村立菅沼尋常高等小学校が開校。

・1909年に矢代村立菅沼尋常高等小学校と志村尋常小学校が合併し、矢代村立矢代尋常高等小学校が開校。

・1913年に矢代村立矢代尋常高等小学校が矢代第一尋常高等小学校と改称。

1924年に両善寺分教場を設置。

・1941年に矢代村立矢代国民学校と改称。

・1947年に矢代村立矢代小学校と改称。

・1954年に町村合併により新井市立矢代小学校と改称。

・1979年に両善寺分校を統合。

・2005年に市町村合併により、妙高市立矢代小学校と改称。

閉校:2013年

コメント:

体育館だけが現存している。一階部分はピロティとなっていて、自分が立ち寄った時はピロティで親子が遊んでいた。そのため近づいて撮影することができなかった。

外壁のトタンは模様としてわざとこういう張り付け方をしているのだろうか。割と珍しい感じがする。

グラウンドは一段下がったところにあり、周りを囲うネットもつけられたままだ。今でも使われているということなのだろう。

そのグラウンドに降りる通路の手前に閉校記念碑と国旗掲揚台、そして二宮金次郎像が鎮座している。二宮金次郎像の土台がやけに立派だなぁ・・・。

体育館前にはバス停があり、そこには「矢代小学校前」と書かれている。小学校がなくなった今、体育館があるから学校があったとわかるが、体育館も解体されてしまったらこのバス停の名前はどうなるのだろう。

f:id:abolished-school:20191202215452j:plain

続きを読む

妙高市立斐太南小学校

■学校データ

創立:1874年

・前身となる第十番小学新井校附属五日市校、猪野山校、長森校が開校。

1880年に第十中学区第八番小学新井校附属五日市校、猪野山校、長森校とそれぞれ改称。

・1889年に五日市校が尋常科西郷北小学校と改称。長森校と猪野山校が合併し、立尋常科西郷南小学校と改称。

・1892年に中頸城郡村立西郷北尋常小学校中頸城郡村立西郷南尋常小学校とそれぞれ改称。

1903年に西郷北尋常小学校、西郷南尋常小学校が統合し、高等科を併置して斐太村立西郷尋常高等小学校が開校。

・1941年に斐太村立西郷国民学校と改称。

・(以降、調査中)

閉校:2015年

コメント:

現在は妙高市立総合支援学校が入居しているため、深入りしなかった。この日は休校日だったため、多少の写真撮影はいいよね?と思って撮影させていただいた。

閉校記念碑は目の前にあるのだが、さすがに敷地内に入るのはためらい、遠方からの撮影にしたが、閉校記念碑の素材的に光を反射してしまったため、沿革などは全く見えなかった。

閉校記念碑とは違う石碑があったが、何の石碑かはよくわからない。桜が云々と書いてあるので、1903年の西郷尋常高等小学校創立時に植えられた桜の木のことを謳っているのかもしれない。

この桜の木については、ネットで調べるといろいろ情報が出てくるので、そちらを参考にしていただきたい。

ちなみに学校前のバス停には「斐太南小学校」と書かれたままだった。2018年9月の時点でこの表記だったので、今はもしかしたら直ってるのかもしれない。(総合支援学校は2017年8月に現在地に移転してきている)

f:id:abolished-school:20191127211725j:plain

続きを読む

新井市立斐太中学校

■学校データ

創立:1947年

・斐太村立斐太中学校として開校。

・1954年に市町村合併により、新井市立斐太中学校と改称。

閉校:1970年

コメント:

古い空中写真から場所は特定できた。しかし何もなさ過ぎてどうしようかと思った。ほんとに何もないわけではないのだが、場所というのも写真の通り「斐太歴史民俗資料館」なる建物が建っているのだ。この建物の歴史は調べても見つからなかったが、間違いなく中学校の解体後に作られた建物だろう。

少しでもそれっぽいものがないだろうかとGoogleMAPを除くと、この博物館の裏に長方形のコンクリート構造物を見つけた。これはプール跡地では!?と思って現地に行ってみると、そこはすでに砂で埋められていた。残念・・・。

ちなみに敷地内にはいくつかの石碑が建てられていて、ひときわ大きくて目立つのは廃村記念碑である。廃村、つまり新井市として設立される前の斐太村のことである。廃村記念碑がここまで大きく残っているのも珍しいと思う。

その近くには細長い何も刻まれていない石碑があるが、個人的にこれは中学校の門柱ではないかとにらんでいる。(その証拠となるものは見当たらないが)

博物館の反対側には一部アスファルト舗装された敷地があるが、ここはかつてのグラウンドだったようだ。なぜ一部だけアスファルト舗装されているかはよくわからない。何かの模様に見えなくもないので、単なる模様としての舗装をしたのだろうか。

・・・調べてみると「斐太遺跡群」なるものがこの周辺で見つかっているようなので、古墳をモチーフとした舗装なのかもしれない。

f:id:abolished-school:20191122221733j:plain

続きを読む

妙高市立新井南中学校

■学校データ

創立:1956年

新井市立泉中学校、新井市立鳥坂中学校の一部、新井市立上郷中学校の一部が名目統合し、新井市立新井南中学校が開校。

・1959年に新校舎が竣工し、実質統合。

・1969年に新井市立平丸中学校を統合。

・1970年に新井市立上郷中学校を完全統合。新井市立新井南中学校寸分道分校を統合。

・1976年に新井市立水原中学校を統合。

・2005年に市町村合併により、妙高市立新井南中学校と改称。

閉校:2010年

コメント:

現在は体育館だけが残されている。この体育館は除雪車倉庫として利用されている。道路側から窓ガラスをのぞいてみると数台のタイヤドーザーが止まっている。

草むらに覆わているところが校舎と中庭があった場所で、グラウンドだった場所は現在老人ホームが建てられている。

その草むらの手前に閉校記念碑が建立されている。その隣には学校位置を示しているのか、経度緯度が書かれている柱が建っている。

体育館の裏側はコンクリート舗装された場所があるが、ここは初代プールがあった場所のようだ。1995年の水害で川沿いの場所は大きく崩れてしまい、プールがすべて流されてしまったため、2代目プールは違う場所に作られたとのことだ。

ちなみに新井南中学校のホームページは2019年11月現在も生きていて、閉校までの歴史を見ることができる。かなり詳しく載っているので、そちらを見てみると校舎の配置などもわかる。

f:id:abolished-school:20191119212206j:plain

続きを読む