学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

松代町立北山小学校田代分校

■学校データ

創立:1877年

・仙納校附属田代校として開校。

・1902年に山平村北山尋常小学校田代分校と改称。

・1941年に山平村北山国民学校田代分校と改称。

・1947年に山平村立北山小学校田代分校と改称。

・1954年町村合併し、松代町立北山小学校田代分校と改称。

閉校:1975年

コメント:

現在は「柏崎市高柳町田代」という住所になっているが、これは1985年に田代集落は高柳町編入されているからで、それまでは松代町の区域になっていたそうだ。

分校の閉校後、集落の住民は高柳町立門出小学校(当時)への通学を請願し、隣町の学区ではあるが編入が認められたという経緯がある。本校であった北山小学校は山を1つも2つも越えた先にあるため、通学が困難だったと思われる。その分、門出小学校へはほぼ平坦な道(鯖石川ダム竣工に合わせて道も整備されている)が続いているので、子供たちを楽に学校へ通わせたい、そういう思いが強かったのだろう。

学校跡地に建物はなく、後で建てられたであろう倉庫のような建物があるだけだった。しかし、ジャングルジムや国旗掲揚塔、さらにローラー(コンダラ)までが放置されていたところをみると、確かにここが学校跡だったことがうかがえる。

ベンチのようなものも置かれているところを見ると、今でも使われている場所だろうというのがうかがえる。

本来は旧松代町の学校なのだが、エリアとしては柏崎市になっているので、ごちゃごちゃになるかもしれないがカテゴリーとして両方入れることとした。

f:id:abolished-school:20190718203949j:plain

続きを読む

柏崎市立南鯖石小学校大沢分校

■学校データ

創立:1873年1875年?

・田島校として開校。

・1876年に田島校が分離し、石曾根校、山室校、大沢校が開校。

1921年に南鯖石村立石曾根尋常高等小学校、山室尋常高等小学校、大沢尋常高等小学校と統合し、南鯖石村立南鯖石尋常高等小学校が開校。大沢分教場を設置。

・1941年に南鯖石村立南鯖石国民学校大沢分教場と改称。

・1947年に南鯖石村立南鯖石小学校大沢分校と改称。

・1957年に市町村合併により、柏崎市立南鯖石小学校大沢分校と改称。

閉校:1979年

コメント:

校舎があった場所は現在地区のゲートボール場となっていた。その近くには大沢神社といわれる建物もあり、割と人の出入りはあるようだ。

ちょうど伺った時もご老人が一人ゲートボールの練習をしていた。何もないところで写真を撮っていた自分を不審に思っただろうなぁ・・・。

閉校記念碑のようなものも見当たらないため、学校があったことは把握していたものの正式な名称等がなかなかわからないでいたが、偶然柏崎市の市報で情報をゲットした。それによると閉校時は全校児童30名で、1年生から4年生までが通っていたようだ。この文面だけだと、5・6年生はいなかったのかすでに本校に通っていたのかはわからないが、年々児童数が減少していくなかで、地元民やPTAが本校への統合を望んでいたようだ。

創立年ははっきりと明示されていないが、市報の文面に「百六年の歴史を閉じました」と書いてあったので、逆算して割り出した。1873年となると日本最初の学校制度である学制が公布された年に近いので、非常に教育熱心な地域だったことがうかがえる。

(2019年7月15日追記)

本校である南鯖石小学校の閉校記念誌を見ることができたので歴史を調べてみたが、大本は「大沢尋常高等小学校」だったことが分かったが、南鯖石小学校が設立された時からの歴史しか判明しなかった。

そこで柏崎市史を見てみると、本当の大本である「田島校」というのが明治8年に開校している。するとなると1975年である、2年のずれがある。あれ、おかしいな・・・。

f:id:abolished-school:20190710233938j:plain

続きを読む

柏崎市立野田小学校清水谷冬季分校

■学校データ

創立:1912年

・鵜川村立鵜川尋常高等小学校清水谷分校として開校。

・1941年に鵜川村立鵜川国民学校清水谷分校と改称。

・1947年に鵜川村立鵜川小学校清水谷分校と改称。

・1956年に町村合併により黒姫村立鵜川小学校清水谷分校と改称。

・1964年に学区変更により、黒姫村立野田小学校に移管し、黒姫村立野田小学校清水谷分校と改称。

・1968年に市町村合併により柏崎市立野田小学校清水谷分校と改称。

・1971年に清水谷分校を廃し、清水谷冬季分校を設置。

閉校:1980年

コメント:

情報は柏崎市史からのものだが、どうも1912年より前にもあったと思われる。名称が変わっている可能性もあるので、詳しくは野田小学校閉校記念誌か鵜川小学校閉校記念誌を見てみる必要がありそうだ。

校舎は現存しているが何か足りない・・・1976年の空中写真を見るともう半分ほど南側に長かったようなので、校舎か体育館かわからないが半分解体したようだ。この建物は現在集会所になっている。

おそらく移設されたであろう門柱も残っている。そこにはネームプレートも埋め込まれたままだ。名称は冬季分校になる前の「清水谷分校」の名称となっている。

建物脇にはトマソンのようなコンクリート製の階段が付けられいて、上った先には羽目板がついた窓があるだけだ。よく見るとトタンの色が一部違っているので、閉校後かその前かに扉がふさがれたようだ。脇からグラウンドのような広場に出る階段・・・もしかして残っている建物は体育館か?

証拠をつかみたく、玄関から覗いても謎の黄色い旗が見えるだけだった。

f:id:abolished-school:20190701223708j:plain

続きを読む

柏崎市立野田小学校

■学校データ

創立:1874年

・第四中学区第十四番小学女谷校附属野田校として開校。同時期に木沢校が開校。

・1879年に野田校が本校から独立し、第四中学区第十四番小学野田校と改称。同時期に木沢校も田沢校と改称し独立。

1886年に尋常科野田小学校と改称。

1888年に尋常科野田小学校と田沢校が統合。

・1891年に組合立野田尋常小学校と改称。

・1901年に高等科を併置し、組合立野田尋常高等小学校と改称。

・1902年に町村合併により野田村立野田尋常高等小学校と改称。

・1941年に野田村立野田国民学校と改称。

・1947年に野田村立野田小学校と改称。上条村・野田村組合立中学校野田校を併設。

・1949年に組合立中学校野田校が独立。

・1956年に町村合併により黒姫村立野田小学校と改称。

・1964年に黒姫村立鵜川小学校清水谷分校が野田小学校の分校となる。

・1968年に市町村合併により柏崎市立野田小学校と改称。

・1971年に柏崎市立野田小学校清水谷分校を廃し、清水谷冬季分校が開校。

・1988年に新校舎落成。

・1995年に柏崎市立鵜川小学校と統合。

・2005年に柏崎市立別俣小学校と統合。

閉校:2012年

コメント:

体育館も併せて全体がコンクリート製の校舎なのでそこまで経年劣化していないように見える。訪ねた時も体育館(玄関奥)からなにやら音が聞こえていたので、何か別の施設として使われているのであろうか。

国道沿いに閉校記念碑と門柱が建てられているが、門柱の場所に違和感があるので、後で移設したのだろう。

玄関にある校章を見ると、最初は「堅」という字に見え、『なぜ堅いんだ?』と思っていたが、よくよく見ると「野」という字の変体仮名のようだ。なかなか変わった字体を使うんだな。

その玄関近くには校庭があり、当時は立派であったであろう庭も、今はすっかり草木が伸び、手入れがなされていない様子がうかがえる。

校舎が建て替えられて30年少し。まだまだ現役のようにも見えるが、この先の使い道はあるのだろうか。

f:id:abolished-school:20190625230704j:plain

続きを読む

佐渡市立小木小学校(旧校舎)

■学校データ

創立:調査中

・1970年に旧校舎が竣工。

閉校:-

・2015年に佐渡市立小木中学校閉校に伴い、中学校跡校舎に移転。

コメント:

佐渡遠征その53。

佐渡遠征最後の学校である。(宿題が残っているが)

小木小学校自体は現役校で、今は統合移転した小木中学校跡地に移っている。

小木町の町史は微妙に見づらい資料で、教育の移り変わりなどがよくわからない資料だったので、なかなか小木地域の小中学校の歴史がわからないでいる。

校庭は草木が伸び放題でいかにも放置されている感があるが、体育館は今でも市の施設として使われているようだ。

校庭には3体の小便小僧が並んだ噴水があるが、小学校の校庭にしてはなかなかのインパクトだ。玄関の上にも何かオブジェクトがある。やたらと目立つ建立物がある小学校だ。

f:id:abolished-school:20190619231841j:plain

続きを読む