学舎の記憶|廃校を旅するブログ|

誰しもが記憶に残している「まなびや」の形、歴史を記します

飯山市立常盤小学校照里分校

■学校データ

創立:1875年

・第六大学区長野県第十五中学区第八十番小学照里校として開校。

1886年に常盤校照里支校と改組。

・1890年に常盤尋常小学校照里支校と改称。

・1892年に独立し、照里尋常小学校と改称。

・1905年に常盤村立常盤尋常高等小学校と統合し、常盤村立常盤尋常高等小学校照里分教場と改組。

・1941年に常盤村立常盤国民学校照里分教場と改称。

・1947年に常盤村立常盤小学校照里分校と改称。

・1954年に町村合併により飯山市立常盤小学校照里分校と改称。

閉校:1978年

コメント:

跡地にはコミュニティセンターが建てられている。

最初は古い地図を見て分校を探してみたが、学校らしい建物やグラウンドらしきものが見当たらなかったので困っていた。近くにプールらしきものを見つけたので、「たぶんここじゃないか」と憶測で寄ってみた。

事前にGoogleストリートビューで見たり、到着してパッと見た時は特に跡地を示すようなものが見当たらなかったので「ここじゃなかったかな」と思っていた。

しかし何の気なしに建物の後ろに回ったら、何か石碑があるじゃないか!近寄ってみると、まさに照里分校の閉校記念碑だった。その近くには判別は難しいが別の記念碑が残されている。

閉校記念碑の表には何やら句みたいのが刻まれている。誰かの句とも書かれていないので、おそらく校歌ではないだろうか。

ちなみに照里分校は本校の常盤小学校に統合されず、太田小学校、温井小学校、一山小学校、柏尾小学校、照里分校が統合して戸狩小学校になっている。確かに立地的にも戸狩の方が近い。しかしその戸狩小学校も令和7年ごろに飯山市城北地域の4小学校(戸狩、常盤、東、泉台)の統合により閉校してしまう。

長い年月をかけて結果的に本校と統合する形になる予定である。

続きを読む

飯山市立柏尾小学校

■学校データ

創立:1873年

・第六大学区第十五番中学第五十二小学箕城校柏尾支校として開校。

・1874年に独立し、第六十一番小学橿盛校と改称。

1880年に第二十七番公立小学橿盛校と改称。

1886年に豊郷校柏尾支校に改組。

・1889年に豊郷村立豊郷尋常小学校柏尾支校と改称。

・1892年に柏尾、北原、重地原集落が高野村に併合し、瑞穂村立柏尾尋常小学校と改称。

1924年に瑞穂村立瑞穂尋常高等小学校柏尾部校と改組。

・1941年に瑞穂村立瑞穂国民学校柏尾部校と改称。

・1947年に瑞穂村立瑞穂小学校柏尾分校と改称。

・1954年に町村合併により飯山市立瑞穂小学校柏尾分校と改称。

・1960年に独立し、飯山市立柏尾小学校と改称。

閉校:1978年

コメント:

閉校後の翌年に跡地は保育園となった。今の建物へ建て替えられたタイミングはわからないが、建物自体は割と新しめに見える。(1898年の空中写真で何となく今の建物っぽい姿が見えたので、平成元年~2年の間に建てられたか?)

その保育園も2004年に閉園し、今は地元の法人がそば屋として使っている。

入り口には門柱が建てられているが、保育園の跡地を示すプレートが付けられている。おそらく小学校の時も使われていた門柱ではなかろうか。

校庭隅には校歌が書かれた石碑と何かがあったであろう土台があった。この土台は二宮金次郎像があったに違いない。ちなみにサムネの写真からも見えているが縦に長いのは忠魂碑で、その左下に校歌が書かれた石碑がある。

時間があるときに伺って、ぜひここのそばを食べてみたい。

続きを読む

飯山市立太田小学校・飯山市立太田中学校・長野県立飯山南高等学校定時制太田分校

■学校データ

創立:1873年

・誠意校として開校。

・1874年に誠意校伍邑分校、八邑分校が開校。

・1876年に八邑校が得新校と改称。

1888年に得新校と伍邑校が統合し、豊田尋常小学校が開校。常郷支校を設置。

・1892年に常郷支校が独立し、太田村立常郷尋常小学校が開校。

・1922年に常郷尋常小学校と豊田尋常小学校が統合し、高等科を併置して太田村立太田尋常高等小学校が開校。

・1941年に太田村立太田国民学校と改称。

・1947年に太田村立太田小学校と改称。太田村立太田中学校を併置。

・1948年に長野県立飯山南高等学校定時制太田分校を併置。

・1952年に中学校独立校舎竣工。

・1956年に市町村合併により飯山市立太田小学校、飯山市立太田中学校と改称。

・1961年に長野県立飯山南高等学校定時制太田分校を廃止。

・1967年に飯山市立太田中学校が統合のため閉校。

閉校:1978年

コメント:

跡地は戸狩ふれあい広場およびふれあいの里キャンプ場として活用されているらしいのだが、キャンプ場は稼働している感じがしない。芝生はきちんと管理されているが、サニタリー棟が使われていないのかボロボロだ。いやこれは芝生広場だけが生きているんだな。

入り口には集落センターがあるが、この建物があった場所がプール跡のようだ。入り口には「戸狩スキー場発祥の地」と書かれた石碑が建てられている。確かに戸狩温泉スキー場の麓にある。

その石碑を後にして登っていくと、2本の細長い門柱が見えてくる。両方太田小学校を示すプレートがはめられているが、片方は太田中学校の「中」の字を削って「小」にしたようにも見える。エコなのかな?

門をくぐって左側がゲートボール場とキャンプ場のサニタリー棟、右側が芝生広場となっている。左側に校舎が、右側がグラウンドだったらしい。

芝生広場側のところに閉校記念碑が建てられている。記念碑は小学校の沿革だけではなく、併設していた補習学校、青年学校、中学校、高校分校の沿革まで書かれている。

閉校記念碑の隣には「心の碑」と書かれたタイムカプセルがあった。昭和53年・・・つまり閉校時に埋められたものだが、いつ掘り起こすのだろうか。特に書かれていない。というか掘り起こすことを目的としていないのかもしれない。今年は閉校から45年だが、50年の節目に空けてもいいんじゃないでしょうか。

続きを読む

飯山市立桑名川小学校・飯山市立岡山小学校・飯山市立岡山中学校

■学校データ

創立:1874年

・市川校桑名川分校として開校。

・1883年に市川校桑名川支校と改称。

1884年に独立し、桑名川校と改称。

1886年に市川支校、温井支校、一山支校を設置。

・1887年に第十六番学区簡易小学校と改称。

・1892年に独立し、桑名川尋常小学校と改称。

・1916年に高等科を併置し、岡山村立桑名川尋常高等小学校と改称。

・1941年に岡山村立桑名川国民学校と改称。

・1947年に岡山村立桑名川小学校と改称。岡山村立岡山中学校を併置。

・1956年に市町村合併により飯山市立桑名川小学校、飯山市立岡山中学校と改称。

・1968年に飯山市立岡山中学校が閉校。

・1974年に飯山市立市川小学校、飯山市立温井小学校羽広山分校と統合し、飯山市立岡山小学校が開校。羽広山分校を設置。

閉校:2016年

コメント:

学校は閉校後、障がい者の就労支援センターとして利用されている。そのため、撮影する際に事業者に許可を取り、撮影させてもらった。とはいえ玄関先でちょうど作業をされていたため、人が映らないように遠方やガワだけを撮影した。

玄関近くには閉校記念碑がささやかに建てられている。

桑名川小学校としての記念碑は見当たらなかったが、学校のすぐ近くを通る踏切には「桑名川学校踏切」という看板が付けられている。道路を挟んだ反対側に地域公民館が建てられているが、この場所にかつて中学校校舎があったらしいが、詳細は不明。また駐車場となっているところは以前プールだったようだ。

続きを読む

飯山市立市川小学校

■学校データ

創立:1873年

・五十四番小学区市川校として開校。

・1892年に市川尋常小学校と改称。

・1898年に現在地に移転改築。

・1941年に岡山村立市川国民学校と改称。

・1947年に岡山村立市川小学校と改称。岡山村立岡山中学校市川分校を併置。

・1955年に岡山村立岡山中学校市川分校を廃止。

・1956年に市町村合併により飯山市立市川小学校と改称。

閉校:1974年

コメント:

跡地には桑名川地域と市川地域の保育園が統合した「しらかば保育園」が建てられたが、2016年に閉園となってしまった。ちょうど建物があるあたりが校舎だったようだ。

閉校記念碑は見当たらないが、建物正面の崖側に校歌が書かれた碑とほかの学校でも見られる東経・北緯が書かれた標が建てられている。

閉園された後も周りの草が刈られているようなので、管理自体はされているようだ。また、敷地内に除雪機の格納庫もあるので、人の立ち入りも普段かあるらしい。

なお、千曲川を挟んだ対岸側の野沢温泉村内に同名の市川小学校があるが、関係は無いようだ。「市川」の名前の由来としては、昔、戸狩温泉から北(旧岡山村付近)の千曲川沿いのことを「市川谷」と呼んでいたそうで、そこから取られたのではないかと思われる。

続きを読む