学舎の記憶|廃校を旅するブログ|

誰しもが記憶に残している「まなびや」の形、歴史を記します

越路町立石津小学校・越路町立石津中学校

■学校データ

創立:1874年

・第三中学区二十四番小学片田校附属釜ケ島校として開校。

・1882年に岩野派出教場を設置。

・1885年に釜ケ島校が独立。 (詳細な沿革不明)

・1941年に石津村立石津国民学校、岩野国民学校と改称。

・1945年に石津村立石津国民学校と岩野国民学校が統合。

・1947年に石津村立石津小学校と改称。石津村立石津中学校を併置。

・1955年に町村合併により越路町立石津小学校と改称。

・1961年に石津中学校が越路中学校と名目統合。

・1962年に石津中学校が実質統合により廃止。

閉校:1969年

コメント:

跡地には学校自体は残っているが、その建物は地元の建設会社の資材置き場になっているため、不用意に近づくことはできない。

そのため迷惑にならない程度に遠方から写真を撮影させていただいた。

全体的に木造の建物のようで、目の前に見えるのが校舎だろうか。その左隣が講堂(屋内運動場)と思われる。

入り口は鉄骨製の大きな門があるが、脇には当時のものと思われるコンクリート製の門柱も残っている。白いプレートはあるが文字は消えている。

横に回ると新しくトタンがかぶせられた建物がある。1975年の空中写真を見るともう少し横に長かったようだが、おそらく今の会社が入った時に解体されたのだと思われる。

1989年の空中写真ではまだ確認できたが、2004年の写真では短くなっていた。

f:id:abolished-school:20211017163318j:plain

続きを読む

越路町立浦小学校

■学校データ

創立:1880年

・外新田校から独立し、浦村校が開校。

・1901年に高等科を併置し、来迎寺村立浦尋常高等小学校と改称。

・1941年に来迎寺村立浦国民学校と改称。

・1947年に来迎寺村立浦小学校と改称。来迎寺村立来迎寺中学校浦分校を併置。

・1948年に統合中学校竣工により、来迎寺中学校浦分校を廃止。

・1955年に町村合併により越路町立浦小学校と改称。

閉校:1969年

コメント:

跡地には地区の事務所と福祉施設が建てられている。古い空中写真から見るに、二つの施設とも廃校後に建てられたものと思われる。

入り口近くには門柱のような柱も残っている。片方には「創立五十周年記念」と刻まれている。もう片方の門柱には「昭和五年十月」という文字が。つまり外新田校から独立した日が創立ということになる。

事務所の近くには二宮金次郎像も残されている。台座には皇紀二千六百年と書かれている。皇紀二千六百年とは1940年である。この年は記念行事が様々行われたようで、おそらくこの時期に二宮金次郎像が建てられたというところも多いのではないかと思う。

ちょうど近くで作業をしていた夫婦がいたのでこの学校のことについて聞こうとしたら「自分たちよりよく知っている人がいる」と、すぐ近くの建設会社の会長を紹介してくださった。

こんなチャンス滅多にねぇ!と普通に自分の名刺を渡して営業モードに移りそうになったが、あくまで廃校調査で来ている立場なので、学校のことについて聞くことにした。が、会長はそれより目の前を流れる信濃川やその運河を利用した木材運びの仕事について語りだした。会社自体は新社屋を建設中とのことだったが、その下には古い井戸があり、歴史あるものだということを教えてくださった。

ああ、学校の話じゃないんですね・・・。でも20分近くためになる話をしてくださいました。

そして最後に、学校の入り口にある門柱のことを話ししたら「もともとは別の場所(少し離れたあたり)にあったが、区画整理の時に俺が移設した」とさらっと話した。いやすげぇ話ぶっこんできた!会長が手をかけなかったら門柱は撤去されていた可能性があったわけだ。会長すばらしいです!

f:id:abolished-school:20211014224417j:plain

続きを読む

越路町立神谷小学校

■学校データ

創立:1874年

・前身となる第三中学区第二十五番小学外新田校として開校。

・1889年に浦村小学校外新田分校と改組されるが、まもなく独立し、宮川外新田校と改称。

・1922年に高等科を併置し、来迎寺村立外新田尋常高等小学校と改称。

・1923年に来迎寺村立神谷尋常高等小学校と改称。

・1941年に来迎寺村紙や国民学校と改称。

・1947年に来迎寺村立神谷小学校と改称。来迎寺村立来迎寺中学校神谷分校を併置。

・1948年に統合中学校竣工により、来迎寺中学校神谷分校を廃止。

・1955年に町村合併により越路町立神谷小学校と改称。

閉校:1969年

コメント:

跡地は公園として整備されているが、周りが宅地開発されているため、当時の面影はほとんどないように思われる。実際に閉校記念碑や門柱などのアイテムも見当たらない。むしろ本当にここだったのか?と不安に思う。

入り口近くに何かの石碑のようなものが埋められているが、文字はすべて読み取れない。

この公園の目の前にはコンクリート製のおしゃれな建物があるが、これは「神谷信用組合」という建物の跡地とのこと。なんとこの信用組合新潟県でも2番目に作られた信用組合らしい。なんとも歴史のある施設だ。

そんな歴史ある建物の地区にあった(と思われる)神谷小学校。学校跡地よりもその信用組合の建物の方が興味を惹かれてしまう地区であった。

f:id:abolished-school:20211011213824j:plain

続きを読む

新潟県立長岡高等学校定時制越路分校

■学校データ

創立:1948年

新潟県立長岡高等学校来迎寺分校として来迎寺村立来迎寺小学校内に併置して開校。

・1950年に家庭科を設置。

・1955年町村合併により新潟県立長岡高等学校越路分校と改称。

・1969年に来迎寺小学校が名目統合により閉校。

・1970年に来迎寺小学校が実質統合により移転。新潟県立長岡高等学校越路分校が独立校舎となる。

閉校:1984

コメント:

見事な木造校舎が残っている。校舎自体は羽目板や板張りがされ、中に入ることができない。来迎寺小学校として利用されていた時からの校舎なので、かなり年季が入っているが、状態はいい。板が剥げたり破損しているところがないところを見ると、大事に保存されているものだと思われる。

学校入り口近くに閉校記念碑が建てられていて、その近くには当時のものと思われる門柱も残っている。

木造校舎の左側にも校舎があったようだが、そこは解体され、跡地には鉄筋コンクリート製の郷土資料館が建てられている。

校舎はきれいに残されているが、市の文化遺産などに登録されないのだろうか。

f:id:abolished-school:20211008223649j:plain

続きを読む

越路町立東谷小学校

■学校データ

創立:1874年

・第四中学区第十九番小学片貝校附属東谷分校として開校。

・1887年に尋常科塚山小学校東谷分教場と改称。

・1890年に村立塚野山尋常小学校東谷分教場と改称。

・1941年に塚山村立塚山国民学校東谷分校と改称。

・1947年に塚山村立塚山小学校東谷分校と改称。

・1951年に塚山村立塚山小学校から独立し、塚山村立東谷小学校として開校。

・1955年に町村合併により越路町立東谷小学校と改称。

閉校:1991年

コメント:

跡地には地元の農業生産組合のものと思われる倉庫があるが、おそらく校舎を改造したものと思われる。古い空中写真を見ると、ほぼ同じ位置に校舎が見えることと、建て替えたにしても外観が古すぎると思ったからだ。もともとは体育館なのだろうか。

手前側はグラウンドのあった場所だが、その山側の隅に閉校記念碑が建てられている。裏には簡単な沿革が刻まれている。その近くには当時のものと思われる国旗掲揚塔も残されている。

この学校跡地は近くの道路から上がった高台にあるのだが、塚野山方面に出るためのトンネルと道の拡張のため、敷地の一部が削られたようで、学校へのアプローチ路の場所も異なっている。どうりでグラウンド跡地が細いなぁと思った。

学校近くには大きな石燈籠のオブジェクトがあるが、これは何なのだろう。さすがに当時のものとは思えないが・・・。

f:id:abolished-school:20211004220414j:plain

続きを読む