学舎の記憶|廃校を旅するブログ|

誰しもが記憶に残している「まなびや」の形、歴史を記します

西山町立大田小学校

■学校データ

創立:1874年

・第六大学区第十六番小学石地校附属大崎校として開校。

1881年に第四十学区第三十一番小学境小学校と改称。

・1887年に第三十六番小学簡易科大崎小学校と改称。

・1889年に刈羽郡公立簡易科大田小学校と改称。大津分教場を設置。

・1892年に刈羽郡大田村立大田尋常小学校と改称。

1893年に大津分教場が独立。

・1901年に町村合併により石地町立大田尋常小学校と改称。

・1911年に高等科を併置し、石地町大田尋常高等小学校と改称。

・1941年に石地町大田国民学校と改称。

・1947年に石地町立大田小学校と改称。石地町立石地中学校大田分校を併置。

・1955年に石地町立石地中学校が新校舎竣工により大田分校廃止。

・1956年に町村合併により朝日町立大田小学校と改称。

・1959年に町村合併により西山町立大田小学校と改称。

閉校:1979年

コメント:

学校跡には西山地区の総合体育館が建てられている。その敷地内に閉校記念碑と門柱が建てられている。記念碑には沿革と校歌が刻まれている。門柱にはうっすらと「大田小学校」という字が見える。

1976年の空中写真を見るに、総合体育館のあるところが校舎で、道路を挟んだ反対側(今現在テニスコートがあるところ)がグラウンドとなっていた。

もう少し写真を撮って回りたかったが、ちょうどこの日どこかの学校の練習試合が行われていたようで、あまりうろうろすることはできなかった。

f:id:abolished-school:20210801212649j:plain

続きを読む

西山町立内郷中学校

■学校データ

創立:1947年

・内郷村立内郷中学校として内郷村立中川小学校、別山小学校に併置して開校。

・1953年に新校舎竣工により各校の併置を解除。

・1956年に町村合併により朝日町立内郷中学校と改称。

・1959年に町村合併により西山町立内郷中学校と改称。

閉校:1979年

コメント:

跡地は内郷小学校のすぐ近くで、丘の上にあったようだ。その跡地には建物が一つ残っている。これはおそらく中学校の一部だったものと思われるが、詳細は分からない。壁の一部が新しい感じになっているので、切り離されたということなのだろう。

跡地は管理されているようで、草も短く刈り取られている。「ないごうの森」という看板が建てられているので、今でも何かしらで利用はされているようだ。この校舎の一部も管理用の道具が保管されているのだろうか。

石造りの階段なども見受けられるが、草藪の中にもところどころ石像や門柱のようなものもみられるが、草がひどすぎて近づけない。

なお、内郷中学校の廃校後は、中川小学校と別山小学校が統合した内郷小学校が入居したが、その後現在地に建て替えられている。建て替えられた年月が不明だが、1991年の空中写真ではまだ旧校舎で、2005年には新校舎になっていた。この間に建て替えられたのだろうと思うが、プールの位置は変わっていないようである。

f:id:abolished-school:20210729223040j:plain

続きを読む

西山町立中川小学校

■学校データ

創立:1874年

・下山田浄覚寺にて仮開学。

・1876年に池浦校が開校。

1881年に池浦校を廃し、下山田に新校舎を竣工。

・1882年に藤掛校が開校。

1884年別山校田沢分校が独立し、西畑小学校が開校。池浦校を統合。

・1889年に西畑小学校が中山村中川尋常小学校と改称。

・1901年に内郷村立中川尋常小学校と改称。

・1902年に高等科を併置し、内郷村立中川尋常高等小学校と改称。

・1941年に内郷村立中川国民学校と改称。

・1947年に内郷村立中川小学校と改称。内郷村立内郷中学校中川校舎を併置。

・1953年に内郷村立内郷中学校新校舎竣工により、中川校舎を廃止。

・1956年に町村合併により朝日町立中川小学校と改称。

・1959年に市町村合併により西山町立中川小学校と改称。

閉校:1979年

コメント:

跡地にはコミュニティセンターが建てられている。別山小学校とほぼ同じ道をたどっているようだ。

その別山小学校と中川小学校が統合し、内郷中学校校舎に移転して内郷小学校が開校している。(日を改めて記事を書くが、内郷中学校も1979年に閉校している)

コミュニティセンターがある場所に校舎があり、L字に体育館があったようだ。その体育館の奥には特別棟、あるいは中学校校舎があったようだが、いずれも現在は跡形もなく、駐車場のところが体育館だったと思われるが、そこに付随していた別校舎は畑や荒れ地になっていた。グラウンド部分はそのままグラウンドとして機能しているようだ。

ちなみに別山小学校とは違い、閉校記念碑や二宮金次郎像といったアイテムは見当たらなかった。

f:id:abolished-school:20210726214156j:plain

続きを読む

西山町立別山小学校

■学校データ

創立:1870年

・前身となる真光寺塾が開設。

・1872年に公立別山校と改称。

・1874年に第六大学区第四中学区一番小学石地校附属別山校と改称。

・1879年に本校から独立し、第六大学区第四中学区乙第一番小学別山校と改称。

1880年刈羽郡公立小学第二十一番別山校と改称。

・1887年に刈羽郡第三十四学区尋常科別山小学校と改称。

・1889年に刈羽郡第五十九学区尋常科別山小学校と改称。上山田雪中分教室、荒谷雪中分教室を設置。

・1901年に町村合併により内郷村立別山小学校と改称。

・1910年に高等科を併置し、内郷村別山尋常高等小学校と改称。

・1941年に内郷村立別山国民学校と改称。

・1947年に内郷村立別山小学校と改称。内郷村立内郷中学校別山校舎を併置。

・1953年に内郷村立内郷中学校新校舎竣工により併置を解除。

・1956年に町村合併により朝日町立別山小学校と改称。

・1959年に町村合併により西山町立別山小学校と改称。

閉校:1979年

コメント:

跡地にはコミュニティセンターが建てられている。その片隅に跡地を記す石碑と二宮金次郎像が建てられている。

若干斜めではあるが、コミュニティセンターあたりが体育館で、その裏手にグラウンドのような広場があり、そこが校舎だったようだ。

すぐ近く(というかほぼ同じ敷地内)にグループホームがあり、その裏手に農村公園がある。そこには別山小学校100周年記念碑と学校に深くかかわりがある人を称える碑が建てられている。(名前はメモし忘れてしまった)

ちなみにコミュニティセンターのすぐ目の前にはJR越後線が通っている。学校があった当初から位置は変わっていないので、学校にいる子供たちは目の前に列車が走るのでそれは楽しかっただろうけど、正直冷や冷やもんのような気もする。そもそも線路があった近くに学校が建てられたのか、その近くに線路を敷設したのか。詳しく調べたわけではないが、最も線路に近い小学校だったのではなかろうか。

f:id:abolished-school:20210723215022j:plain

続きを読む

西山町立北野小学校・二田村立二田中学校北野分校

■学校データ

創立:1874年

・前身となる第五大学区小三区妙法寺校が開校。

・1877年に妙法寺校鬼ヶ峰分校が開校。

・1887年に鬼ヶ峰分校が閉校し、井岡、常楽寺、井岡十二反に仮校舎を設置して開学。

・1889年に妙法寺校から北野が分離し、仮校舎を設置して開学。

・1892年に井岡、北野の仮校舎を統合し、長原尋常小学校が開校。

・1908年に妙法寺尋常小学校と長原尋常小学校が統合し、二田村北野尋常小学校が開校。

・1941年に村立北野国民学校と改称。

・1942年に高等科を併置。

・1947年に二田村立北野小学校と改称。

・1948年に二田立二田中学校北野分校を併置。

・1950年に二田村立二田中学校新校舎竣工により、二田中学校北野分校を廃止。

・1959年に町村合併により西山町立北野小学校と改称。

閉校:1979年

コメント:

グラウンドが広がっている。学校があった場所プラスアルファの場所だが、一部は地域コミュニティセンターが新しく建てられていて、体育館があったと思われる場所には野球の屋内練習場が建てられている。この練習場はビニールハウスを改修して作られているようだ。

コミュニティセンター周辺を回ってみたが、学校があったことを示す閉校記念碑や門柱などのアイテムは見つからなかった。すぐ近くには北陸道が通っているが、この区間(柏崎IC~西山IC間)は1981年に開通したそうなので、閉校前は開通直前だったと思われる。

f:id:abolished-school:20210720212016j:plain

f:id:abolished-school:20210720212019j:plain

f:id:abolished-school:20210720212023j:plain

f:id:abolished-school:20210720220751j:plain

(1975年の空中写真。写真中央にあるのが北野小学校。出典:国土地理院

 


廃墟ランキング