学舎の記憶|廃校を旅するブログ|

誰しもが記憶に残している「まなびや」の形、歴史を記します

堀之内町立根小屋小学校

■学校データ

創立:1873年

・第四大学区十八番小学根小屋郷校として開校。

1886年に田戸分校を統合。

・1889年に城下尋常小学校と改称。

・1902年に城下村城下尋常小学校田戸分教場を設置。

1903年に田戸分教場が独立。

・1926年に町村合併により堀之内町立城下尋常小学校と改称。

・1941年に堀之内町立根小屋国民学校と改称。

・1944年に堀之内国民学校と統合。空き校舎に町立青年学校が開校。

・1945年に町立青年学校が堀之内国民学校に移転。根小屋国民学校再開。

・1947年に堀之内町立根小屋小学校と改称。

閉校:1969年

・名目統合の上、1970年に実質統合。

コメント:

跡地には工場が建てられているが、入り口近くに閉校記念碑が建てられている。1969年と古くに閉校した学校だが、きちんと建立されているのが素晴らしい。

閉校記念碑の裏には校歌と沿革が書かれている。建立自体は閉校から12年後の1981年に建てられたようだ。

後ろの建物は1972年に建てられたようで、チラッと見る限り鉄筋コンクリート製なので当時の校舎を流用しているというわけではなさそうだ。(もしくは鉄骨を増築した?)

f:id:abolished-school:20210517220751j:plain

続きを読む

堀之内町立原小学校・堀之内町立原中学校

■学校データ

創立:1874年

・田麦山校第二附属校として開校。

・1941年に堀之内町国民学校と改称。

・1947年に堀之内町立原小学校と改称。堀之内町立原中学校を併置。

・1948年に中学校独立校舎が竣工し、併置を解除。

・1972年に堀之内町立原中学校を閉校。

・1975年に堀之内町立原小学校増沢冬季分校を廃止。

・1979年に堀之内町明神小学校を統合。

閉校:2002年

コメント:

学校は約20年前に閉校したにもかかわらず割ときれいである。それもそのはず、この学校は閉校後、とある専門学校として利用されていたからだ。

2004年にスポーツの専門学校の新潟校として開校したのはいいが、いつの間にか閉校(休校?)したらしい。その専門学校の親元のホームページを見ると開校年は書かれているが、閉校年は書かれていない。しかし実際はひと気がないし、ホームページにもグループ校にその名前は記載されていない。実質閉校のようだ。

学校入り口には閉校記念碑と門柱などのアイテムが残されている。そもそもそれらアイテムが置いてあるところは「跡地公園」として整備されているようだ。

閉校記念碑は小学校のものだけが残っている。中学校は校名が書かれたプレートがはめられた門柱が立っている。「学」の字が旧字体なのが面白い。

ちなみに閉校記念碑のようなものが2つ建てられていて、一つは裏に沿革が刻まれた小学校の閉校記念碑であるのに対し、もう一つは校歌だけが刻まれた記念碑だった。よく見ると校歌の歌詞が二つとも違う。もう一つの方は木に埋もれてしまっているのでよく見えなかったが、どうも古い校歌らしい。近隣の小学校と統合した際に新しく作ったのだろうか。新しい校歌に「ラララ」と入っているのがとても珍しい。ラララなんて歌詞が入った効果が1979年ごろに作られるのだろうか?

公園の隅にはタイムカプセルも埋められていたが、開封は2012年だったようだ。閉校からたった10年で開封ですか?というか実際に開封されたのだろうか。

なにか若干モヤモヤが残る探索であった。

f:id:abolished-school:20210514224736j:plain

続きを読む

堀之内町立明神小学校

■学校データ

創立:1876年

・原校派出教場として開校。

・1941年に堀之内町明神国民学校と改称。

・1947年に堀之内町立明神小学校と改称。

・1972年に堀之内町立明神小学校上稲倉冬季分校を廃止。

閉校:1979年

コメント:

跡地には閉校記念碑だけが建立されている。閉校前は木造の学校だったらしく、堀之内町史でその姿を確認することができた。

その足元にはタイムカプセルが埋められている。閉校から20年後にあけるようになっているようだが、すでに開けたのだろうか。

と思ったが、裏を見るとこの閉校記念碑は平成11年に建立されたようだ。つまり1999年である。これは埋めた年度を示していたのだった。で、何年後に開封するのだろうか。

校舎があったと思われる場所はアスファルトで舗装されている。これはすぐ近くにあるお寺の駐車場として整備されたものと思われる。学校も古くはお寺などに併置して開校することが多いので、明神小学校もそうだったのだろう。グラウンド跡もそのお寺の敷地のようになっていた。

なお、沿革はかなり省略されているが、堀之内町史を見た限り、創立から国民学校になるまでの間の歴史が抜けていたため、詳細は分からなかった。

f:id:abolished-school:20210511221717j:plain

続きを読む

新潟県立安塚高等学校大島分校・大島村立中保倉中学校

■学校データ

創立:1947年

・大島村立保倉中学校として開校。

・1948年に新潟県立安塚農業高等学校定時制保倉分校が大安寺に開校。

・1949年に安塚農業高等学校普通科を併設し、新潟県立安塚高等学校定時制保倉分校と改称。

・1973年に保倉分校が全日制普通科に改組し、新潟県立安塚高等学校大島分校と改称。大島村立保倉中学校跡(現在地)に移転。

閉校:1983年

コメント:

早く行けばよかった。今年の大雪のせいだろうか、校舎の一部が壊れていた。倒壊している個所は、シンボルとなっていた時計台のところと、一部の教室だったところ。

大島分校閉校後、某芸術専門学校が入居したが、現在は大挙している状態。ただいつ頃退去したのかは資料が見つからない。建物そのものもまだその専門学校が所有しているそうだが、倒壊の危険性がありながらも自治体の解体要請には反応がなかったらしい。つまり放置状態だったようだ。そりゃ倒壊するわ。

正面には校舎、その裏には特別棟と思われる校舎が建てられているが、体育館は古くから解体されていたようだ。校舎右側に新しくふさがれたところがあり、そこにも校舎棟があったと思われ、そこから体育館に分岐していたようだ。

道路を挟んだ反対側に閉校記念碑と創立30周年記念碑が建てられている。なお、大島分校としての記録は見つかったが、保倉中学校に関する遺物は見つからなかった。

そもそもこの記念碑には移転の沿革が略されているので、保倉中学校がどのタイミングで移転したのか(大島中学校(旧)、旭中学校と統合して新制大島中学校になったのは1974年なので、1年間は同居していたのか?)もよくわからない。

この辺りは安塚高校の閉校記念誌を見てみるしかないかもしれない。

f:id:abolished-school:20210508182008j:plain

続きを読む

大島村立大島中学校(旧)

■学校データ

創立:1947年

・大島村立大島中学校第一校舎(大島小学校に併置)、第二校舎(菖蒲小学校に併置)として開校。

・1952年に統合校舎竣工により本開校。

閉校:1974年

コメント:

ついにたどり着いた!なかなか時期が合わなかったり特定に時間がかかったが、この春ようやく近づくことができた。

ちなみに近くの道からのアクセスは、砂利+土の道がついているが、入り口には門柱も何もないのではたから見れば田畑への単なるアクセス路にしか見えない。いや今もそうなんだけど。

道の行く先に小高い丘があり、平地となっているので知らなければそこにも田畑があるように見えるが、その先は枯れたカヤが広がるただの広い土地である。

空中写真だけではわからなかったが、グラウンドと校舎は段になっていたようで、手前側がグラウンド、上が校舎となっていたようだ。グラウンドと校舎を行き来するコンクリート製の階段が2か所残っていた。まぎれもない学校跡の証拠である。

さらに校舎より上にも何か建物があったようで、コンクリートの基礎が残っていた。どこがどういう配置だったかは資料がないためわからない。

石垣なども残ってはいたが、他に学校跡を示す遺構はなく、閉校記念碑や門柱なども残っていない。閉校から70年近く経ち、カヤと木々に覆われ野山に帰りつつあるが、割と広めの平地なので、普通に畑などにしなかったのだろうか。それともまだどこかの管理地なのだろうか。そういえば学校跡とは思えない大きめの石や土砂っぽいのが隅に置いてあったので、過去にはどこかの建設会社の資材置き場にでもなっていたのか?

なお、閉校から1年後の空中写真を見ると、校舎はすぐに解体されていた。校舎が竣工してからわずか22年で解体というところを見ると、やはりどこかの借り土地で、閉校後すぐに返却されたのかもしれない。

ここの大島中学校は閉校後、保倉中学校と旭中学校と統合し、新しい大島中学校が開校している。

f:id:abolished-school:20210505095539j:plain

続きを読む