学舎の記憶|新潟を中心とした廃校を旅するブログ|

思い出とともに廃れゆく学舎を記録していきます

柏崎市立吉井小学校

■学校データ

創立:1872年

・第十四番小学区第八番小学校中田校附属吉井校として開校。

・1879年に公立吉井小学校として独立。

・1889年に尋常科吉井小学校と改称。

・1892年に村立吉井尋常小学校と改称。

・1897年に曽地、吉井、油田、赤田集落において組合立中通高等小学校が開校。

1903年に高等科を併置し、中通村立吉井尋常高等小学校と改称。

1924年に中通村内の吉井校、中通校、赤田校、油田校が統合し、中通村立中通尋常高等小学校が開校。吉井校は2部校と改称。

・1941年に中通村中通国民学校二部校と改称。

・1947年に中通村立中通小学校二部校と改称。

・1956年に市町村合併により柏崎市立中通小学校二部校と改称。

・1957年に独立し、柏崎市立吉井小学校と改称。

閉校:1980年

コメント:

 跡地は更地となっているが、テニスコートが一部整備されている。と言っても数年使われていない様子がうかがえるが。

入り口にはコンクリート製の門柱が残っていて(なぜか計4本)、そこには「ひだまり」と書かれた木製の看板が付けられている。空き地の奥に「ひだまり」と看板が掲げられた建物が残っているが、それがなんの施設なのかはよくわからない。

空中写真を見ると、この施設はかつての学校の一部だったことがうかがえる。体育館に付随していた施設と思われる。テニスコートがあるところがかつての校舎だったのだろう。

f:id:abolished-school:20210228152155j:plain

続きを読む

柏崎市立城北中学校

■学校データ

創立:1947年

・上条村野田村組合立中学校として開校。

・1952年に上条村野田村組合立城北中学校と改称。

・1956年に町村合併により黒姫村立城北中学校と改称。

・1968年に市町村合併により柏崎市立城北中学校と改称。

閉校:1991年

コメント:

跡地には特別養護老人ホームが建てられているが、道沿いにかつての門柱と閉校記念碑が残されている。

門柱は創立20周年記念に建てられたと裏側に刻まれている。閉校後に移設されたものだが、こうして残っているのはとてもいいことだ。

閉校記念碑の表には何やら碑文が書かれている。詳細は書かれていないが、もしかして校歌の一番なのかな?黒姫とはすぐ近くにある刈羽黒姫山から取られていると思われる。(上条村、野田村、鵜川村が統合した黒姫村もそこから取られている)

遺構はこの門柱以外なく、敷地はもれなく福祉施設となっているため、写真をパシャパシャとるわけにはいかず、撮影後は早めに退散した。

f:id:abolished-school:20210223125152j:plain

続きを読む

柏崎市立別俣小学校

■学校データ

創立:1873年

・上条校附属水上校として開校。

・1875年に上条校付属回谷校と改称。

・1883年に回谷校を廃止し、刈羽郡第五小学区公立博文小学校、水上小学校、回谷小学校をそれぞれ設置。

1884年に回谷小学校が分離し、簡易科細越小学校と改称。

1886年に博文小学校、水上小学校、細越小学校の3校が統合し、尋常科上条校久米分校と改称。

・1889年に町村合併により刈羽郡村立尋常科別俣小学校と改称。

・1901年に町村合併により上条村立別俣尋常小学校と改称。

・1918年に高等科設置により上条村立別俣尋常高等小学校と改称。

・1941年に上条村立別俣国民学校と改称。

・1947年に上条村立別俣小学校と改称。

・1956年に町村合併により黒姫村立別俣小学校と改称。

・1968年に市町村合併により柏崎市立別俣小学校と改称。

閉校:2005年

コメント:

木造の美しい校舎が今でも保存されていることに感動した。今も「別俣農村工房」という施設として使われている。

伺ったときは玄関近くに足場が組まれていた。屋根の補修か何かをしていたらしい。玄関入り口には「別俣小学校」と書かれた当時のものと思われる看板が掲げられいる。木製の引き戸など、当時のものがそのまま残っているのは素晴らしい。小学校閉校時に解体の話が出たそうだが、地元が貴重な校舎の保存活動を行ったおかげで残されている。今でもきちんと活動の場として使用しているので、まだまだ現役でいられるだろう。

校舎正面から見て左側に別棟があるが、そこに体育館が併設されていたらしい。体育館は解体されたが、グラウンドを挟んだ反対側に別俣コミュニティセンターという市民体育館が新たに作られている。

閉校記念碑もきちんと建てられていて、裏側には校歌が刻まれている。その周辺はマレットゴルフ場として整備されていて、地域の遊び場として使われているのであろう。

ちなみに、正面玄関の入り口近くの右壁には「雛見沢分校」と書かれた看板が掛けられている。知っている人ならニヤニヤするものなのだろう。これは「ひぐらしのなく頃に」という、同人作品(サウンドノベル)の実写ドラマ版のロケ地として別俣小学校が使用されていたことから、校名看板だけ記念に残されていったようだ。ちなみに自分はこのドラマは見ていない(原作もあまり詳しくない)。

いわゆる聖地なのだろうけど、「ひぐらしのなく頃に」のホントの聖地(モデルとなった地域)は白川郷なので、圧倒的にそちらの方が知名度が高い。まさに知る人ぞ知る聖地なのかもしれない。

f:id:abolished-school:20210218195211j:plain

続きを読む

小国町立千谷沢小学校

■学校データ

創立:1873年

・公立金沢小学校附属鷺坂校として開校。

・1877年に第七番小学鷺坂校と改称。

・1889年に組合立千谷沢校が分離し、鷺坂校が千谷沢校に併合し、尋常科千谷沢校と改称。

・1892年に尋常科千谷沢校が千谷沢尋常小学校と改称。

・1910年に千谷沢村立千谷沢尋常小学校菅沼分教場を設置。

・1911年に高等科を併置し、千谷沢村立千谷沢尋常高等小学校と改称。

・1941年に千谷沢村立千谷沢国民学校と改称。

・1947年に千谷沢村立千谷沢小学校と改称。

・1957年に町村合併により小国町立千谷沢小学校と改称。

閉校:1962年

コメント:

故・林家こん平師匠の生まれ故郷である千谷沢村。「ちやざわ」がなまって「チャーザー」となったわけだ。

千谷沢村は小国町と合併する際に分離し、一方は小国町へ、一方は越路町へと合併された。千谷沢小学校は小国町側の方になったが、中学校はのちに組合立として越路町側(組合立千塚中学校)に作られたようだ。このあたりの沿革はまだ調べ切れていないので、越路町の廃校探索が完了したら詳しく書くつもりだ。

跡地には地域の農業法人の施設が建てられている。一見、トタン張りの建物なので当時のものかと思ったが、古い地図の配置を見ると配置が違うので、新しく建て直されたもののようだ。

下小国小学校を構成した学校の中では唯一閉校記念碑が残されていて、裏には校歌も刻まれている。なお、閉校記念碑自体は閉校から39年後の平成13年(2001年)に有志によってに建てられたらしい。多分閉校40周年記念か何かの節目なのだろう。

f:id:abolished-school:20210214100144j:plain

続きを読む

小国町立武石小学校

■学校データ

創立:1873年

・公立金沢小学校附属武石校として開校。

・1889年に簡易科武石校と改称。

・1891年に武石尋常小学校と改称。

・1937年に高等科を併置し、武石村立武石尋常高等小学校と改称。

・1941年に武石村立武石国民学校と改称。

・1947年に武石村立武石小学校と改称。

・1948年に町村合併により小国村立武石小学校と改称。

・1956年に町村合併により小国町立武石小学校と改称。

閉校: 1962年

コメント:

学校があった場所には公民館が建てられている。その玄関近くに二宮金次郎氏の石像がたたずんでいる。二宮氏の像がある土台には何やら俳句が刻まれている。「道すがら智慧乃木乃実を〇〇〇〇〇」とある。最後の5音が読み取れない。

敷地内には国旗掲揚塔跡と思われるコンクリート製構造物があったが、その塔を固定するための穴と思われるところにアマガエルがお休みしていた。おじゃましました。

学校の遺構となるものは以上であるが、公民館の玄関に不思議な看板が建てられている。名前も何も書かれていないが、この地域で何か命がけで貢献したものがあったのだろうか。

f:id:abolished-school:20210209221418j:plain

続きを読む