学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

安塚町立船倉小学校・安塚町立菱里中学校船倉分校

■学校データ

創立:1881年

・第41番小学区菖蒲校上船倉分教場として開校。

・1887年に須川校船倉分教場となる。

・1982年に船倉尋常小学校と改称。

・1941年に船倉国民学校と改称。

・1947年に菱里村立船倉小学校と改称。菱里村立菱里中学校船倉分校を併設。

・1955年に町村合併により安塚町立船倉小学校と改称。

・1957年に安塚町立菱里中学校船倉分校が閉校。

閉校:1996年

コメント:

集落から少し小高い坂を登ったところに学校が建っている。校舎は木造で、体育館が鉄筋コンクリート製となっている。

閉校後の校舎はある木工作家の工房として使われていたようだが、2017年半ば頃に移転したようだ。(写真を撮影したときは移転後だった)また、一部は生涯学習センターとしても使われているようだ。

体育館は高床式となっており、下には何やら大量の資材が置かれていた。おそらく先の工房の材料だろう。その先にグラウンドがあるのだが、草が鬱蒼と茂っているところと、何がいるかわからない体育館下をくぐっていく勇気がなく、写真撮影をあきらめた。

玄関近くには草に埋もれた門柱があり、その近くに雪だるまの形をしたオブジェクトがある。旧安塚町は豪雪地帯ということもあり、雪だるまをモチーフとしたキャラクターが街中の至る所にあるので、これもそのうちの一つだろう。片目の塗装が禿げているのでホントのダルマのようにも見える。また、よく見ると前と後ろと顔がある。ガ○ダムに出てくるゾ○クみたいだ。

f:id:abolished-school:20180210173821j:plain

f:id:abolished-school:20180210174733j:plain

f:id:abolished-school:20180210174741j:plain

f:id:abolished-school:20180210174744j:plain

f:id:abolished-school:20180210174747j:plain

f:id:abolished-school:20180210174751j:plain

f:id:abolished-school:20180210174754j:plain

 


廃墟ランキング