学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

小千谷市立真人中学校

■学校データ

創立:1947年

・真人村立真人中学校として開校。同時に若栃地区と北山地区に分校を設置。

・1954年に新校舎へ移転(現在地)。

・1955年に市村合併により小千谷市立真人中学校となる。

・1968年に若栃分校と北山分校を統合。

閉校:1981年

コメント:

まさか、校舎の一部が残っていた。

現在残っているのが校舎のどの当たりに位置するかは分からないが、1976年の航空写真を見ると、体育館脇の物置倉庫のようなものか?残念ながら中の様子は全く見えず、何か農機具などが散乱しているのは見えた。

1963年の航空写真にはこの建物が写っていないので、後からつくられたものらしい。プロパンガスを置くコンクリートボックスもあるので、もしかしたら分校統合後に造られた寄宿舎かもしれない。

この建物の北側に体育館、L字型になるようにして教室棟があった配置らしい。桜の木が生えている当たりがちょうどその建物に該当する。

また、教室棟の北側にも分校の統合後に何かしら建物が造られたのが航空写真でうかがえた。統合による教室棟の拡張か?

f:id:abolished-school:20170730095801j:plain

f:id:abolished-school:20170730095823j:plain

f:id:abolished-school:20170730095827j:plain

f:id:abolished-school:20170730095830j:plain

f:id:abolished-school:20170730095834j:plain

f:id:abolished-school:20170730095838j:plain

 


廃墟ランキング