学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

吉川町立泉谷小学校

■学校データ

創立:1879年

・第十中学区二十五番小学校下町校附属泉谷校として開校。

・1882年に本校から独立し、第十中学区二十五番小学公立泉谷校と改称。

・1885年に第四十一小学区中等科泉谷校と改称。

1886年に第四十一番小学尋常科原野町小学校泉谷分場となる。

・1890年に山口校附属簡易科東寺小学校を統合。

1893年に中吉川村立泉谷尋常小学校として独立。

・1901年に町村合併により吉川村立泉谷尋常小学校と改称。

・1941年に吉川村立泉谷国民学校と改称。

・1947年に吉川村立泉谷小学校と改称。

・1955年に町村合併により吉川町立泉谷小学校と改称。

閉校:1989年

コメント:

校舎の一部は隣接している会社(工場)の事務所となっているようだが、ネットで調べるとこの会社はすでに倒産しているようだ。しかしその工場にはトラックが停まっていたりするので、実情はよくわからない。

体育館は避難所兼、芳川地区公民館泉谷分館とりて利用されているようだ。眼の前の広場は校庭かと思いきや、グラウンドらしい。グラウンドにしては狭いようにも感じる。

校舎に近いグラウンド隅に閉校記念碑が建てられていたが、門柱を改装したもののようにも見える。それよりもその隣りにある閉校記念碑よりも目立つオブジェクトが気になった。なぜ学校のグラウンドに圃場整備の記念碑が建てられているのだろう。(しかも昭和58年なので明らかに閉校前に建てれている)

ちなみに裏側は撮影し忘れたが、校舎の前後ともにガラスの割合が非常に多い。とても日光を浴びやすい教室だったようだ。

f:id:abolished-school:20180802214154j:plain

f:id:abolished-school:20180802221133j:plain

f:id:abolished-school:20180802221137j:plain

f:id:abolished-school:20180802221140j:plain

f:id:abolished-school:20180802221144j:plain

f:id:abolished-school:20180802221148j:plain

 


廃墟ランキング