学舎の記憶

新潟を中心とした廃校を旅するブログ

上越市立中保倉小学校・浦川原村立浦川原中学校中保倉分校

■学校データ

創立:1877年

・飯室校付属猪子田校として開校。

・1885年に第三小学区猪子田校と改称。

1888年に簡易科小谷島小学校と改称。

・1890年に簡易科中保倉小学校と改称。

・1892年に尋常科中保倉小学校と改称。同年、東頸城郡村立中保倉尋常小学校と改称。

1906年東頸城郡村立中保倉尋常高等小学校と改称。

・1908年に東頸城郡村立中保倉尋常小学校と改称。

・1941年に東頸城郡小谷島国民学校と改称。

・1947年に安塚村立小谷島小学校と改称。安塚村立安塚中学校中保倉分校を併置。同年、安塚村立中保倉小学校と改称。

・1955年に町村合併により浦川原村立中保倉小学校、浦川原村立下保倉中学校中保倉分校と改称。

・1958年に浦川原村浦川原中学校中保倉分校と改称。

・1959年に浦川原村浦川原中学校中保倉分校を廃止。本校に統合される。

・2005年に市町村合併により上越市立中保倉小学校と改称。

閉校:2017年

コメント:

最近閉校したばかりの小学校で、閉校からわずか1年しか経っていないため、そこまでぼろぼろになっていない校舎である。しかし、玄関先はかなり劣化しているように見える。

校舎側は割ときれいで、正面側にはレリーフまで描かれている。玄関側の建物と比較すると、きれい度合いがまるで違う。耐震化工事かなにかをした関係だろうか。

体育館側も外壁がきれいなので、こちらも耐震化か長寿化のための工事をしたのだろう。なぜ玄関側の建物も工事しなかったのだろう?

と思って空中写真を見てみると、この玄関棟の後ろに向かって旧校舎が伸びていたようで、左側の新校舎は1998年に新しく作られたようだ。新校舎側にはかつてグラウンドがあったらしく、新校舎建設に伴い、体育館右手側に新しく造成したようだ。体育館と校舎をつなぐ通路ともなるこの玄関棟は旧校舎の名残らしい。

玄関正面には立派な閉校記念碑と二宮金次郎像が鎮座している。GoogleMapのストリートビューで見ると、台座の銘板は別の場所にあったようなので、正面に移動させたようだ。しかし、二宮金次郎像はストリートビューでも見当たらなかったので、どこにあったものを移動させたのだろうか。

かつては中学校を併置していたようだが、旧校舎とともに解体されたと思われる。

f:id:abolished-school:20180709214454j:plain

f:id:abolished-school:20180709214511j:plain

f:id:abolished-school:20180709214514j:plain

f:id:abolished-school:20180709214548j:plain

f:id:abolished-school:20180709214552j:plain

f:id:abolished-school:20180709214427j:plain

f:id:abolished-school:20180709214616j:plain

f:id:abolished-school:20180709214619j:plain

f:id:abolished-school:20180709214636j:plain

f:id:abolished-school:20180709214639j:plain


廃墟ランキング